ここから本文です

牛丼店 コスパがいいメニューは並盛、大盛は得ではない

マネーポストWEB 3/19(日) 11:30配信

 安くて早いのが牛丼。手軽に食べられて満足感も高いということで、多くの男性に愛されているが、コストパフォーマンスという点ではどうなのだろうか。フードジャーナリストのはんつ遠藤さんはこう話す。

「肉の中で最も原価が高いのは、牛肉です。牛丼チェーン店の場合、それを並盛300~400円で提供しているのですから、『牛丼を食べる』という選択がすでにコスパのいいチョイスになっています」

 なぜここまで安くできるのか。そのからくりは、海外産牛肉を使用しているからだという。そのほか、居心地は重視されず、テーブルの間隔を狭くすることで、回転率をあげて薄利多売にするなど、原材料費以外でコストを抑える工夫をしている。

「コスパのいいメニューは、牛丼並盛。大盛は、ご飯が大盛になるだけ。あまりお得ではありません」

 ちなみに、3大牛丼チェーンには以下のような特徴がある。

・松屋→「牛めし」並盛290円と、最も価格が安い。みそ汁つきは松屋だけ。化学調味料不使用も特徴。

・すき家→「牛丼」並盛350円。個性的な期間限定メニューが多いのが魅力。

・吉野家→「牛丼」並盛380円。3大チェーンでは高値だが、素材にこだわっているので、コスパは悪くない。

※女性セブン2017年3月16日号

最終更新:3/19(日) 11:30

マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年春号
3月1日発売

定価620円

Yahoo!ニュースからのお知らせ