ここから本文です

米国人が唱える、パンプキンパイを食べるべきではない理由とは!?

3/19(日) 8:10配信

MEN’S+

【理由1】カボチャは野菜である(笑)

 アスパラガスのパイだったらどれだけひどいものか? さやいんげんパイなら、どうでしょう? 誰もまだそんなことを考えたこともないでしょうね。スクウォッシュパイ(かぼちゃを使用したパイ)さえ、いまいちと言えるかと…。一番近いものがルバーブパイですが、なぜ許容されるのか? それは、イチゴが入っているからです。イチゴが入っているから野菜が入っていることを忘れさせてくれるのです。

 (スイーツに野菜は、邪道という考えでしょうか…)

【理由2】ヤンキーキャンドル(アメリカで最も愛されているキャンドルブランド)

 パンプキンパイのスパイスは、80年代のコロンやヤンキーキャンドル工場を思い起させます。確かに、このキャンドルが生まれたのはパイよりも後ですが、クルマの芳香剤やキャンドル、その他のパンプキンパイのスパイスらしき匂いのせいで、パンプキンパイから完全に人工的かつ化学的な香りを連想してしまうのです。もはやパンプキンパイをオーブンから取り出したときには、 1986年のドラッカーノワールの香水まみれの男がいる、窓を閉め切った教室や全室に芳香剤の香りが漂うフロリダの祖母の家に閉じ込められた気がするのは私(米国人エディター)だけでしょうか。

【理由3】マシュマロを添えたサツマイモを食べている感覚

 (アメリカの祝日)感謝祭の日に出される定番メニューのパンプキンパイが「野菜」と呼ばれているという事実は“お手柄”ですね。
 
 わたしはマシュマロをすべて拾い集めがちですが、最終的には混ぜ物の一部として、わずかに野菜を食べます。そして、両親はわたしが野菜を食べたことを喜んでくれるのです(野菜の部分は、すべて上にマシュマロが乗っていなければならない)。でもそのうえ、野菜にはパンプキンパイが含まれ、キッシュ/野菜のカテゴリーに属するのですが、本当はベーコン(キッシュ)とマシュマロ(サツマイモ)を食べながら、野菜を食べたということで褒められる代物なのです。

【理由4】パンプキンパイのフィリングは、いつも生地を台無しにするしめんどくさい

 生地は美味しい。しかしながら、堪能するためにはカボチャの中身をすべてこそぎ取らなければならないのです…。

【一点だけ美点が・・・】ホイップクリームが乗っていること!

 正直なところ、パンプキンパイの唯一の美点は、(ほとんどすべてのパイにも含まれていますが、)ホイップクリームです。もし、ビーチサンダルの上にホイップクリームが乗っていたら、私はそれすら食べてしまうことでしょう(笑)。 
 
 パンプキンパイがチョコレートでできていれば、もっと良かったのに…。

最終更新:3/19(日) 8:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!