ここから本文です

【速報・3回】藤浪、カブスに逆転許し3-1に

3/19(日) 6:26配信

ベースボールチャンネル

 侍ジャパンの大野は5球目の146キロのストレートを右飛、田中は3球目の143キロのストレートをサードゴロと2者連続で倒れる。菊池は7球を投じさせ四球で出塁。青木は初球から打ちにいくもニゴロと、続くことができなかった。

【WBC2017】各プールの順位表

 カブスは1番・川崎から。川崎は一度もバットを振らずに四球で出塁すると、ゾブリストの打席で再び盗塁を成功させ無死二塁。6球目のストレートをライトへ放ち、タイムリースリーベースヒットとし、2-1と勝ち越した。続くヘイワードがライトへのタイムリーヒットを放ち、1点追加。4番・シーザー、5番・モンテロから連続で空振り三振を奪う。ハップは内野安打、カンデラリオは四球で出塁し、2死満塁となるも、ドミンゲスを何とか空振り三振に打ち取り、この回を終えている。


カブス 3-1 侍ジャパン

投手リレー
【侍ジャパン】
藤浪 83球
【カブス】
ラッキー 50球

本塁打
【侍ジャパン】
菊池(1回ソロ)
【カブス】

バッテリー
【侍ジャパン】
藤浪-大野
【カブス】
ラッキー-モンテロ

ベースボールチャンネル編集部