ここから本文です

【速報・4回】反撃を見せたい侍打線、この回も安打出ず…

3/19(日) 6:39配信

ベースボールチャンネル

 3回に勝ち越し点を許し、反撃を見せたい侍打線。
 しかし、4番筒香は中飛、5番中田は前打席と同様の遊ゴロ、6番鈴木も右飛に倒れ相手先発・ラッキーの前に三者凡退に終わる。

【WBC2017】各プールの順位表

 裏の守備では、9番ラッキーを中飛、1番川崎を二ゴロ、2番ゾブリストを中飛と三者凡退に抑える。3回には連打を浴びるなど乱調気味となっていた藤浪だが、この回は持ち直し、無失点に抑えた。

カブス 3-1 侍ジャパン

投手リレー
【侍ジャパン】
藤浪 91球
【カブス】
ラッキー 49球

本塁打
【侍ジャパン】
菊池(1回ソロ)
【カブス】

バッテリー
【侍ジャパン】
藤浪-大野
【カブス】
ラッキー-モンテロ

ベースボールチャンネル編集部