ここから本文です

ハリルJに激震! 長谷部が膝負傷で緊急手術決定 無期限離脱でW杯予選2試合欠場へ

3/19(日) 8:41配信

Football ZONE web

11日のバイエルン戦でのポスト激突クリアは重傷だった

 ハリルジャパンに激震が走った。フランクフルト所属の日本代表主将、MF長谷部誠が左膝の負傷で緊急手術を受けることが決定。23日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選UAE戦と28日の本拠地タイ戦で、頼れるキャプテンが欠場することが決まった。クラブ公式サイトが「無期限の離脱」と発表した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 長谷部は現地時間11日の敵地バイエルン・ミュンヘン戦(0-3)で、相手のドイツ代表FWトーマス・ミュラーのループシュートをクリアした際、ゴールポストに激突するアクシデントで負傷交代となった。ミュラーが飛び出したフランクフルトのGKルーカス・フラデツキーの頭上を抜くループシュートを放ち、カバーに入った長谷部が猛ダッシュ。ゴールラインを割るギリギリのところでボールを掻き出したが、そのままゴールポストに激突。左足の膝辺りを打ちつけると、顔を歪めてピッチにうずくまった。

 その後、自身の公式インスタグラムで6針の縫合処置を受けたことを明かしていたが、スポーツディレクターのブルーノ・ヒュブナー氏が「骨まで届くほどの深い傷」とも証言していた。

 長谷部自身はインスタグラムで「大した事はありません」と軽傷を主張したが、16日に受けたMRI検査で、厳しい結果が出た。そして今週中にも手術を受けることが発表された。

運命のUAE戦で代替招集を強いられる

「負傷の程度は予想より悪いものだった。木曜日(16日)にMRI検査を受け、土曜日(18日)のゲームに出場するためにトレーニングをしようとした。しかし、そのトレーニングをストップせざるを得なかった。スポーツディレクターとメディカル部門の協議により、手術は避けられないという結論が出た。来週中にも手術を受け、無期限にチームから離れることになる」

 18日に開催されたハンブルガーSV戦もメンバー外となった。日本代表への参戦も不可能となり、バヒド・ハリルホジッチ監督は代替招集を余儀なくされた。「非常に強い我々のキャプテンだ。彼なしのチームは現在考えられない」と信頼を寄せていたハリル監督は一足先にUAEへ向かったが、これ以上ない悲報となってしまった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/19(日) 10:11
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新