ここから本文です

【速報・6回】侍打線、カブス守護神候補の前にまたも三者凡退。松井はソロ浴び5点差に

3/19(日) 7:10配信

ベースボールチャンネル

 6回からカブスは、守護神候補のウェイド・デービス投手をマウンドへ送る。
 45登板で防御率1点台の右腕の前に、この回も打線が沈黙してしまった。

【WBC2017】各プールの順位表

 1番からの好打順だったが、1番田中は左飛、2番菊池は1度もバットを振ることなく三球三振、途中出場の3番秋山も左飛に倒れまたも三者凡退に終わった。

 侍Jは、6回から増井に代えて松井をマウンドに送る。
 しかし、松井も登板後の初球を代打・ボルトに右翼席に運ばれ1失点を喫する。

 このイニングは、スプリングトレーニングの招待選手でもなく、ベンチ入りリストに登録されていないマイナーリーグの選手の代打攻勢が目立ったが、本塁打のみの1失点で後続を抑えた。

カブス 6-1 侍ジャパン

投手リレー
【侍ジャパン】
藤浪 91球
増井 23球
松井 11球

【カブス】
ラッキー 49球
デービス 14球

本塁打
【侍ジャパン】
菊池(1回ソロ)
【カブス】


バッテリー
【侍ジャパン】
藤浪、増井、松井-大野
【カブス】
ラッキー、デービス-モンテロ

ベースボールチャンネル編集部