ここから本文です

【J1採点&寸評】G大阪×浦和|ドラマの詰まった激闘。今野弾、GK交代、倉田ハンド、R・シルバ連発、そして涙…

3/19(日) 21:50配信

SOCCER DIGEST Web

G大阪――今季初先発のGK藤ヶ谷が奮闘したが負傷で途中交代に。ファビオを評価。

[J1リーグ4節] ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ
2017年3月19日/市立吹田サッカースタジアム
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 5.5
シュート4本とほとんどチャンスを作れなかったが、その中で手にした勝利まであと3分間のアディショナルタイムを守り切れず……。センターラインが安定し、3ボランチが徐々に攻撃面で噛み合ってきたのはプラス材料に挙げられる。ただ2トップが新布陣のなかで生きていない。

【G大阪1-1浦和PHOTO】浦和2トップの奇襲に始まり、田尻の涙で終わる。


 
【G大阪|採点・寸評】
GK
18 藤ヶ谷陽介(73分OUT) 5.5
今季初出場で、再三放たれたシュートを止め続けた。しかし左足の肉離れを起こして途中交代。「情けない。チームに迷惑をかけてしまった」と試合後、悔しそうに語った。
 
DF
2 三浦弦太 5.5
R・シルバへの対応に専心。一発のキックで逆サイドを攻略する“弦太フィード”はなく、チャンスではクロスをミスする場面も。

3 ファビオ 6.5
常に動いてラインをコントロールしながら、興梠の背後を突く動きにもしっかりついていた。
 
6 金 正也 5
常に後方でひとり余っている状況で、もう少し、攻撃に関与したかった。ミスパスからピンチを招き、フィードミスも目についた。

MF
22 オ・ジェソク 6(82分OUT)
ほぼ5バックの形で守備を固め、関根の突破を身を挺して辛うじて阻止した。豪快に攻め上がり、精度の高いクロスで今野弾をアシストした。
 
7 遠藤保仁 5.5
中央の危険なエリアを確実に埋めて、完全に崩されるシーンはなかった。一方で、期待されたパスやフィードで“一発で崩す”プレーを見せられなかった。
 
10 倉田 秋 5.5
意欲的にアップダウンと攻守の切り替えをして、先制点の起点になるパスを放つ。しかし後半アディショナルタイム、宇賀神のシュートに身を投げ出した際にハンドのファウルで、PKを与えてしまった。
 

1/4ページ

最終更新:3/20(月) 1:50
SOCCER DIGEST Web