ここから本文です

【G大阪】代表復帰の今野が「本能」のゴール! 魂のボランチが日本を救う!!

3/19(日) 20:32配信

SOCCER DIGEST Web

「監督から要求されていたプレー」。DF槙野に競り勝ち、ジャンプヘッドで先制弾を奪う。

[J1リーグ4節] ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ
2017年3月19日/市立吹田サッカースタジアム
 
 日本代表に2年ぶりに復帰したG大阪のMF今野泰幸が、景気づけと言わんばかりに豪快なヘディングシュートを叩き込んだ。長谷部誠が傷めた膝の手術を行なうことが判明したなか、このボランチに懸かる期待は一段と膨らみそうだ。


 
 浦和戦の前半はシュート1対9と防戦を強いられた。迎えた後半の57分、左サイドで倉田の縦パスから、オーバーラップしたオ・ジェソクが合わせてクロスを放つ。するとゴール前に飛び込んだ今野が「本能で感じた」とジャンプヘッドでDF槙野智章に競り勝ち、まさに渾身の一撃をゴールネットに叩き込んだ。
 
「センタリングに飛び込むのは、今季の新布陣で(長谷川健太)監督から要求され、取り組んできたプレー。アジア・チャンピオンズリーグでは同じようなシーンで外していたので、今日は決めたかった」
 
 そう振り返った今野だが、試合後、笑顔を一切浮かべなかった。結果的にアディショナルタイムに失点し、1-1のドロー決着に。「ピンチも多かった。勝てれば良かったけれど、守備も、連係も、攻撃面も、まだまだだと感じた」と、むしろ反省点を挙げて、悔やんだ。
 
 この日のうちに大阪を発ち、日本代表が23日に最終予選に臨む決戦の地UAEに向かった。
 
「これまではレッズ戦に集中していた。ここから日本代表の戦いに切り替えて、必ず勝点3を取って帰ってきます」
 
 再び眼光が鋭さを増した。
 
 この日のように、チームが苦境に立たされた時こそ真価を発揮する男だ。勝負事の酸いも甘いも知り尽くした34歳の“魂のボランチ”が、日本の大きな力になってくれそうだ。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

 

最終更新:3/20(月) 0:13
SOCCER DIGEST Web