ここから本文です

大下剛史に聞く(3)芸者衆向けのノックの一番手に僕は指名された 東映・水原茂監督との逸話

現代ビジネス 3/19(日) 20:01配信

 昨年(2016)、25年ぶりにリーグ優勝を果たした広島カープ。この優勝を75年の初優勝に重ねる向きも多い。41年前、不動のリードオフマンとしてチームを牽引したのが大下剛史氏。“暴れん坊軍団”と呼ばれた東映では切り込み隊長として活躍した選手だ。 彼はどのようにして広島を変えたのか。(その2はこちら http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50790)

プロ入り前の「切り込み隊長」

 二宮 大下さんは名門・広島商の出身ですが、甲子園出場の経験は? 
 大下 僕は一度も行ってない。3年の時は「東の作新学院、西の広島商」と呼ばれるくらい強かった。同期には大倉英貴(阪神)や上垣内誠(広島―日本ハム)もおったからね。でも県予選で負けた。一方の作新は八木沢荘六(ロッテ)らがおって春夏連覇。3人もプロに行く選手がいながら甲子園に行けんかったというのは、何かが足りんかったんでしょう。

 二宮 高校時代のポジションは? 
 大下 僕は中学時代からずっとショートよ。子供の頃から野球が好きで、壁にボールをぶつけては捕る練習をやっていた。足も速かったな。運動神経もええ方やったと思うよ。

 二宮 高校卒業後、駒澤大学に進んだきっかけは? 
 大下 僕より3つ上に松村正晴さん(巨人―東映)という先輩がおって、その人が駒澤に進んだ。今でこそ駒澤といったら大学球界の強豪だけど、当時はそんなに強くなかった。

 二宮 大学4年秋には東都大学野球リーグで首位打者に輝いています。プロからの誘いも多かったのでは? 
 大下 いや、僕は日本石油(現JX―ENEOS)に就職が決まっていた。ウチのオヤジとも、日石に行く約束をしていた。ところが東映から2位で指名された。社会人を袖にしてプロに進んだのは、今になって考えれば、やはりプロ野球に対する憧れが強かったんやろうね。

 二宮 ドラフト1位は中央大学のエース高橋善正さんでした。

 大下 彼とは神宮でよく対戦したよ。あんなにえげつないシュートを投げるピッチャーはおらんかった。“うわぁ、すごい! ”と思わず腰を引いたもんね。特に1、2年生の頃の切れは抜群やった。結局、プロで何勝したの? 60勝? 大学行かずにプロに進んでいたら、相当勝っとったやろうな。

 二宮 高橋さんといえば、1971年8月、西鉄相手にプロ野球史上12人目の完全試合を達成しています。この時セカンドを守っていたのが大下さんでした。

 大下 九回に“あわや”という場面があった。米山哲夫のライナー性の打球がセンター方向に飛んだ。パーフェクトゲームなんて、経験するとしても一生に一度くらいでしょう。中途半端に行くくらいなら飛び込んでしまえ、と思って飛び込んだ。これがよかったんやね。グラブの網に引っかかっとった。

1/3ページ

最終更新:3/19(日) 20:01

現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

Yahoo!ニュースからのお知らせ