ここから本文です

説得力のある人が持っている9つの特質

3/20(月) 8:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:静かに語りかける人、エネルギッシュに売り込む人、さまざまなタイプがありますが、説得力があると言われる人たちには、いくつかの共通する特質があります。

【説得力がある人の共通点とは?】

1. ポジティブ。

「疲れと戦う」とうたう商品と、「エネルギーを高める」とうたう商品があったら、あなたはどちらを買いますか? 多くの人は、ポジティブなメリット(エネルギーを高める)を示されたほうが、より説得力を感じるものです。これが、トップセールスマンがいつもポジティブな態度をとる理由です。

2. 自信。

自信がありすぎるのもトラブルの元ですが、人は、実際に能力があるかよりも、自信があるように見えるかを評価する傾向があります。説得力のある人は、傲慢に見えないようセーブしながら、この事実をうまく利用します。

3. 共感。

リーダーシップに関する古い格言が、共感の大切さをよく表しています。「人というものは、あなたがどれだけ気にかけてくれているかがわかるまでは、あなたが何を知っているかなど気にもかけないものだ」

4. アクティブリスニング。

正しい質問をして、その答えにじっと耳を傾けることが重要です。人を説得するには、その人のニーズ、世界観、目的を理解しなければなりません。

5. 誠実である。

約束した時間に電話をかけ、約束した時間に書類を送り、前回の議論の要点をすべて記憶していれば、人を説得することはずっと容易になります。

6. 譲歩ができる。

大きな戦いに勝つために、小さな戦いで譲歩しなければならない場合もあります。説得力のある人は、重要な戦いでは一歩も譲りませんが、可能なときには気前よく譲歩します。

7. 沈黙を保てる。

偉大なセールストレーナーであるJ. Douglas Edwards氏は「最後の質問をしたら、口を閉じること。先に口を開いた方が負ける」と語っていました。この格言に従うためには、沈黙を保てる能力が必要となります。

8. 信憑性がある。

本心を語っていないように見える人が何を言っても、人は信用しないことを、説得力のある人たちは理解しています。

9. 柔軟性がある。

押しの強いセールストークがうまくいくこともありますが、相手が物静かで慎重なタイプなら、ただ警戒心をつのらせてしまうだけかもしれません。人にあわせてアプローチを変える柔軟性が必要です。

9 Personality Traits of the Most Persuasive People|Inc.

Jessica Stillman (訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。