ここから本文です

名門・ヴェルディ凋落と経営難Jリーグを救うのは外資か宗教か?

3/20(月) 15:00配信 有料

サイゾー

若い世代はヴェルディを知らない?

 2月25日、今年もJリーグが開幕した。中村俊輔が横浜Fマリノスからジュビロ磐田へ移籍、また清武弘嗣がセビージャから約6億円の移籍金でセレッソ大阪へ復帰と、移籍市場が活況で、サッカーファンからは大きな期待が集まった。しかし、開幕直前にスポーツ紙や専門誌の表紙をもっとも飾り、メディアに取り上げられたのは、今年50歳でなお現役の「キングカズ」こと三浦知良だった。

「カズの功績が素晴らしいことは間違いありませんが、所属しているのはJ2の横浜FC。カズがけがをして引退でもしようものなら大ごとですから、近年では対戦するチームも明らかにカズに対して激しいプレーを控えています。97年には2億4000万円だった年俸も、現在では推定1000万円前後。1本5000万円以上といわれるCM出演料を維持するために現役を続けていると揶揄する声もあります。そんな状態なのにカズばかりに注目が集まるというのは、彼以上のスターをJリーグが生み出せていない証拠。事実、カズがゴールを決めるとあらゆるメディアで大々的に取り上げられ、露出が減っているJリーグにとっては広告塔をカズのみに頼らざるを得ないのが現状です」(Jリーグ関係者)本文:6,610文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:3/20(月) 15:00
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年9月号
8月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:新しいニッポンのタブー
第2特集:裏「九州論」
第3特集:新グラビアの女王登場!