ここから本文です

自転車世界選手権大会チャンピオンの栄養素はハリボーだった!?

3/20(月) 8:10配信

MEN’S+

サイクリストのエナジーチャージはグミやキャンディでいいの?

 自転車世界選手権大会のチャンピオンであるスロバキア出身のペーター・サガン選手の影響で、おまやドイツのお菓子「ハリボー」のグミが注目に。“グミベア”は、その摂り方次第で、パフォーマンスの価値を高める効果があるのか?
 
 
 2017年2月に行われた、ベルギーのオースト=フランデレン州で行われるワンデイレースの自転車競技(ロードレース)「クールネ~ブリュッセル~クールネ」で優勝した、現世界選手権チャンピオンのペーター・サガン選手。このレースで彼は実に見事な優勝を成し遂げたのですが、それ以上とも言えるほど見事な映像を入手しました。

Should Cyclists Fuel With Candy?

 両手一杯の“Haribo(ハリボー)”のグミを、口いっぱいに頬張る姿は実に勇ましいですね。

 しかしながら同時に、私たちを不思議がらせたのも事実です。アスリート向けの販売されているパフォーマンスジェルやグミ、バーとは違い、こちらはドイツの一般向けの製菓である“ハリボー”のグミ。その一般的なニュートリションでどれだけ超アスリートのサイクリストに対し、エナジージャージとなってパフォーマンスを維持する効果をもたらすのだろうか?と。 
 
 「すべて天然物でミネラル分豊富な直消糖タイプのグミのようなキャンディ(例えば、スウィーディッシュ・フィッシュやグミベア、スウィーターツなど)は、食後血糖値の上昇度を示す指標であるGI(血糖インデックス)値を問題となるほどまでは引き上げることなく、血糖値を素早く上昇させる効果があります」と、ステーシー・シムズ氏は話します。 
 
 彼女は環境運動生理学者であり栄養科学者、そして女性アスリートの能力と栄養についてのガイドブック『ROAR』で共著者として綴るほどの専門家であります。彼女は続けてこう語っています。
 
 「サガン選手の例で言うなら、素早く消化される高い血糖インデックスの炭水化物であるグミベアのようなキャンディは、極限の戦いに対して最高の武器となるのです。124.7マイルのレースで枯渇したグリコーゲンを、即座に補給するためには…」とのことです。

1/2ページ

最終更新:3/20(月) 8:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!