ここから本文です

独名将が40年前に見抜いた日本人サッカー選手の特徴 現代に通じる共通の課題とは

3/20(月) 14:38配信

THE ANSWER

奥寺康彦の才能を認め、欧州進出の道を切り拓いたバイスバイラーの金言

「おまえは箸が使える。右も左も蹴れる。ほとんどのドイツ人は利き足しか使えないぞ。スピードもあり、器用なんだから、もっと積極的にプレーをしろ」―ヘネス・バイスバイラーが奥寺康彦を鼓舞した言葉

【画像】リオ五輪に出場した日本人イケメンアスリート

 へネス・バイスバイラーは、1970年代の西ドイツ(当時)を代表する名将だった。ボルシア・メンヘングラードバッハを3度ブンデスリーガ制覇に導くと、1975年にスペインのFCバルセロナへと引き抜かれ、76年からは再び西ドイツへ戻り、1FCケルンの指揮官に就任した。

 バイスバイラーは同じ頃に、日本代表監督を務めていた二宮寛と昵懇(じっこん)で、二人はことあるごとに当時アマチュアで低迷中だった日本サッカーの打開策について話し合った。そこで実現したのが、日本代表の西ドイツでの分散合宿だった。

 日本代表選手たちを3つのクラブのトレーニングに参加させる試みで、二宮氏は特にプロの可能性を秘めた選手を、バイスバイラーが指揮を執るケルンの合宿に参加させた。

 奥寺康彦を筆頭に、西野朗(現日本サッカー協会技術委員長)や金田喜稔ら5人が参加し、そのなかで奥寺がバイスバイラーの目に止まり、直々にオファーを受けるのだ。

成功へのネックは自他ともに認める「引っ込み思案の性格」

 当時の奥寺は、パルメイラス留学を経て急成長中だった。ただし成功へのネックとなったのが、自他ともに認める「引っ込み思案の性格」だった。

 当時アマチュアの日本は、アジアでも勝てない時代が続いていた。それに対し西ドイツは、1974年に自国開催のワールドカップを制している。欧州におけるブンデスリーガの水準は今よりも高く、外国籍選手枠も限られていた。そんな時代にアジアの弱小国から、世界最強国のトップクラブに誘われたのだ。奥寺本人はもちろん、橋渡しをした二宮も大きな責任を感じていたので、何度もバイスバイラーに確認している。

「本当に通用するのか?」

 バイスバイラーは答えた。

「私の眼に間違いはない。プレーの能力には、まったく問題がない。課題があるとすれば、自分を積極的にアピールしていく姿勢だ。そこを克服できれば、必ず成功する」

 だからバイスバイラーは、繰り返し冒頭の言葉で奥寺を鼓舞して来た。

1/2ページ

最終更新:3/20(月) 14:38
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。