ここから本文です

岡崎、レスターで好調も「今一番に考えなきゃいけないのはW杯予選突破」

3/20(月) 5:45配信

フットボールチャンネル

 ロシアW杯アジア最終予選のUAE戦に向け、19日にヨーロッパでプレーする一部の選手たちが決戦の地UAEに集合し練習を行った。

上位4か国が勝点1差の大混戦に… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 レスターの岡崎慎司はチームでの出場機会を掴み、公式戦4連勝に貢献している。本人も手応えを得たが、「今一番に考えなきゃいけないのはW杯予選突破。それだけのことを考えてここに来ている」と、“代表モード”に気持ちを切り替えた。

 UAEには、最終予選初戦で痛恨の黒星を喫した。その後も苦しい戦いを強いられているが、岡崎は「自分たちが蒔いた種」と話す。「ホームは特に自分たちが優勢に進めながら負けるって感じだった」と振り返り、「アウェイというのはそう簡単に優勢には進められない。劣勢だったとしても落ち着いて試合を進めないといけない」と、敵地での戦い方について説いた。

 ハリルジャパンでもFWの中心として信頼されているが、大迫勇也の台頭などで競争が生まれているのは間違いない。「いろんな選手が試されてきて、すごい刺激になっている。その中で自分がチョイスされた時にチームのために何ができるかだし、今だったらゴールを取ること。自分の気迫とか、勢いみたいなものをこのチームに与えられればいいかなと思う」と岡崎は話した。

 ひざを痛めている長谷部誠については、「本当にハセさんの力っていうのはこのチームにとって大きいですけど、そこがいないからといって落ちるようではその先戦っていけないと思う」と語る。そして、「考えなきゃいけないのはチーム全体で戦うってこと。誰かが抜けたからチームが変わるようじゃ、このチームはたぶん上まで行けないと思う。自分たちの根本は変わらないような、そんなサッカーがやれなきゃいけない」と特定の一人に頼らない姿勢を示した。

 キャプテンの試合出場が難しい情勢の中、日本代表は、そして岡崎はどのような戦いを見せるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)