ここから本文です

日本の「芸能人組合」の理事 はっきしりない法制度に苦言

NEWS ポストセブン 3/21(火) 7:00配信

 清水富美加(22才)の出家騒動で話題になったのが「月給5万円」という言葉だ。芸能界では悪条件の中でタレントが働かされているケースが多いのではないかと注目が集まったのだ。

 そんななかダウンタウンの松本人志(53才)が『ワイドナショー』(フジテレビ系)のなかで、自身が所属する『吉本興業』の現状に触れながら、なぜ自分で待遇の交渉などをしないのかと投げかけた。

 相方の浜田雅功(53才)は、まったく売れてない時代だったにもかかわらず、吉本のエライ人におんぶして「ギャラ上げてくれ」と懇願し、松本も「松竹いってから後悔しても遅いぞ」とすごんだりしていたという。

「そのやり方がよかったとも思わないし、今そういう人が出てくるともぼくは思わないんですけど、『だったら組合作れよ』って思うのよ。作ったほうがいいよ。吉本だけじゃなくて、もっといえば芸能界の日本タレント組合みたいなんを作ったほうが、なんかあった時に、その機関を通じてやるようにしていかないとぼくはダメやと思うんですよ。芸能界のクオリティーを高めるというか、長い目で見た時には」

 この“芸能人組合”については、過去に小栗旬(34才)が『クイック・ジャパン』(2014年8月号)の中で俳優の労働条件を改善するべく労働組合づくりの構想があるものの、俳優仲間に呼びかけてもなかなかのってくる人は少ないということを明かしている。

 実は松本や小栗が提言した“芸能人組合”にあたる団体は存在する。それは『協同組合日本俳優連合』だ。1963年9月に設立された『日本放送芸能家協会』を前身とし、1967年に設立された。現在、西田敏行(69才)が理事長を務め、約2500名の俳優が加入している。同団体専務理事で声優・俳優でもある池水通洋(73才)が言う。

「形としては協同組合なので労働組合ではありませんが、最低の出演料を決めたり、長時間労働は割増金が必要とか、撮影中にけがをした場合の交渉もやっていますから、芸能人を守るための活動をやっています。『御用組合』なんて報じられることもありますが、そんなことはありません。

1/2ページ

最終更新:3/21(火) 9:32

NEWS ポストセブン