ここから本文です

世界遺産や川沿いの桜も愛でる!京都・二条城周辺のおすすめ桜鑑賞コース

3/21(火) 17:00配信

東京ウォーカー

世界遺産で有名な京都の観光名所、元離宮二条城の周辺には、京都御苑などの広大な桜の名所のほか、堀川沿いの桜並木など桜スポットが点在。そこで、春の訪れを感じられる二条城周辺のおすすめ桜鑑賞コースを紹介!

【写真を見る】桜が咲き誇る旧本館の中庭をのんびり眺めよう。ステージイベントも開催予定なので、桜と一緒に楽しんで/京都府庁旧本館

■ <10時>京都御苑

「京都御苑」は、東西700m、南北1300mの広大な国民公園。ヤマザクラやサトザクラなど、苑内には多くの桜が植えられていて、早春から4月下旬まで花見が楽しめる。近衞邸跡や庭園など見どころも多いので、ゆっくり散策を。

約100mの人工の小川「出水の小川」には、3月下旬に満開を迎える美しいたたずまいのシダレザクラがある。

■桜DATA/見ごろ:3月下旬~4月下旬、本数:約1000本、シダレザクラなど。

【京都御苑】住所:京都市上京区京都御苑3 電話:075-211-6348 時間:入園自由 休み:なし 料金:入園無料 ※一部有料施設あり

<次の京都府庁旧本館へは徒歩5分>

■ <11時30分>京都府庁旧本館

「京都府庁旧本館」は、重厚感あふれるルネサンス様式の建物とシダレザクラが調和する隠れた桜スポット。3月25日~4月2日(予定)には、観桜祭が開催され、展示コーナーなど、多彩なイベントが実施される。

桜が咲き誇る旧本館の中庭をのんびり眺めよう。ステージイベントも開催予定なので、桜と一緒に楽しんで。

■桜DATA/見ごろ:3月下旬~4月上旬、本数:約7本、シダレザクラ、オオシマザクラなど。

【京都府庁旧本館】住所:京都市上京区下立売通新町西入ル薮之 内町電話:075-414-5435(京都府府有資産活用課) 時間:10:00~17:00 休み:観桜祭の期間中はなし 料金:無料

<次の堀川通へは徒歩5分>

■ <13時>堀川通

堀川沿いには桜並木が続き、遊歩道が整備されているので、歩きながら花見を楽しめる。4月中旬の桜が散り始めるころに、川面に花びらが浮かぶ様子も風情がある。

今出川通から丸太町通の間は桜が満開になる。京都府庁から元離宮二条城への移動の途中にぜひ立ち寄ろう。

■桜DATA/見ごろ:3月下旬~4月中旬、本数:約150本、ソメイヨシノなど。

【堀川通】住所:京都市上京区堀川今出川通~御池通 電話:075-741-8600(京都市役所・みどり政策推進室) 時間:自由 休み:なし 料金:無料

<次の元離宮二条城へは徒歩5分>

■ <14時>元離宮二条城

「元離宮二条城」は、総本数は約400本、50品種にも及ぶ桜の名所。桜の園には多くのサトザクラが植えられ、清流園にはヤマザクラ、ソメイヨシノを中心にヤエベニシダレも。城内西側にはヤエベニシダレがいっぱい。世界遺産の庭園に咲く桜を堪能しよう。

3月下旬から咲き始めるソメイヨシノのほか、4月下旬まで花を付けるサトザクラなどもあり、長期間お花見ができるのがうれしい。城内は広いので、歩いて眺めよう。

【二条城桜まつり2017も!】城内に咲き誇るヤマザクラなど、200本を超える桜や庭園などをライトアップする。<期間:3月24日(金)~4月16日(日) 時間:18:00~21:30(最終受付21:00)>

和楽庵(有料)から庭園の夜桜を眺めよう。

■桜DATA/見ごろ:4月上旬~下旬、本数:約400本、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど。

【元離宮二条城】住所:京都市中京区二条通堀川西入ル二条城町541 電話:075-841-0096 時間:8:45~16:00(最終受付)、ライトアップ18:00~21:00 休み:3・4月はなし 料金:入城料600円、ライトアップ入城400円【関西ウォーカー編集部】

最終更新:3/21(火) 17:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。