ここから本文です

テネリフェ柴崎の初陣に地元紙「国境を越えて期待を背負った」 プレー動画2万5000回以上も再生

3/21(火) 19:17配信

Football ZONE web

19日のレウス戦後半に柴崎がスペインデビュー 23回ボールタッチし、21回パス成功

 テネリフェのMF柴崎岳は現地時間19日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部第30節レウス戦の後半から途中出場し、待望のデビューを飾った。地元紙「エル・ディア」は、日本人ミッドフィールダーとってのスペイン初戦は「国境を越えて期待を背負った」と、国内外の注目度が高い一戦だったことを記している。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 柴崎はレウス戦、0-1と1点ビハインドの後半29分にピッチへと送り込まれた。試合前にルイス・マルティ監督が「トップ下が適したポジションだが、サイド、ボランチでもプレーできる」と話した通り、得点を奪うためにボランチの位置に入ると、味方とのパス交換でプレーリズムを上げようと尽力した。

 この試合について、同紙は「テネリフェのユニフォーム姿のシバサキを見るまで46日かかった」とデビューまでの環境適応に苦しんだことに触れつつ、「彼には17分のプレー時間が与えられたが、彼の良さを出しきるには至らなかった。23回ボールタッチし、21回パス成功をマークした」と数字を持ち出し、まずまずのデビューだったことを触れている。

 この一戦は日本、スペインの両国で大きな反響があったことにも触れている。ツイッター上で柴崎のプレーをまとめた動画が計2万5000回以上も再生され、クラブ公式アカウントで柴崎が3人目の交代枠で出場したと伝えるツイートに、数多くの「いいね!」とリツイートが集まったとした。

試合ダイジェストでも視聴が集中

 またスペイン国内でもリーガ2部としては異例の注目度だった模様だ。放映権のある「Gol TV」と「Movistar +」のダイジェストでも、テネリフェ対レウス戦への視聴が集中したと同紙は伝えている。

 昨年12月のFIFAクラブ・ワールドカップ決勝でレアル・マドリード相手に2得点を決めただけあって、スペイン現地で柴崎への注目度が今もなお高いのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/21(火) 23:11
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新