ここから本文です

リバプールMF、マンC戦後に謝罪。「重要な瞬間だったのに…」

3/21(火) 19:01配信

フットボールチャンネル

 リバプールのMFアダム・ララーナが、マンチェスター・シティ戦のあとでチームに謝罪した理由を明かした。英紙『デイリー・メール』が伝えている。

今冬最高額は73億円、16/17冬の移籍金トップ10

 現地時間19日にアウェイで行われたシティ戦は、1-1の引き分けに終わった。どちらも2点目を決めるチャンスがあったものの、決定力を欠いている。その一つが、GKと1対1になったシーンでララーナがキックミスをした場面だ。

 ララーナはその瞬間について、「バウンドが目の前で少し変わったんだ。もしかしたら、興奮のあまり一瞬ボールから目をそらしてしまったのかもしれない。とにかく本当にショックだった」と振り返り、「あそこで勝負を決められたかもしれない。試合の大事な瞬間だった。だからとても失望したよ」と述べている。

 責任を痛感しているからこそ同選手は「ロッカールームで全員に謝った。あれは決めるべきだったんだ。2点目を決めていたらきっと勝つことができた」と反省している。

 3位シティとの勝ち点差を詰められなかったリバプールは、プレミアリーグで4位につけている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)