ここから本文です

【日本代表】別メニュー中の髙萩に長谷部の代役はこなせるのか?

3/21(火) 17:58配信

SOCCER DIGEST Web

「厳しい試合になるのは分かっている」

 ハリルホジッチ体制下で初招集された髙萩洋次郎は、J1・4節の川崎戦で右足親指を打撲したため、大事を取って別メニューで調整している。ただ、本人が「プレーできない状態ではないので大丈夫です」と語るとおり、UAE戦での出場は可能なようだ。

【日本代表練習2日目PHOTOギャラリー】メンバー全員が集結も、キャプテン長谷部が離脱

 起用が予想されるポジションはボランチ。長谷部誠の負傷離脱によって空席になったこのポジションを、山口蛍、今野泰幸、倉田秋らと争っている。
 
 本人はまず戦術理解に務めており、指揮官が常々口にする”デュエル”を意識。「狭いエリアで球際のところをしっかり行くのを求めていると感じたので、そこは意識的にプレーしなければいけない。ゲームではスペースが広くなりますけど、相手の近くでボールを奪いに行くっていう意識を持ってプレーしないといけないなと思いました」と語った。
 
 もちろん、チャンスが与えられれば、勝利に貢献するつもりだ。「厳しい試合になるのは分かっているので、そのなかでもしっかり我慢強く戦えれば勝点3が取れると思う」。
 
 特に中盤でのせめぎあいでは、「守備では相手のボールを奪い、攻撃のところでは起点になれるように貢献したい」とテーマを設けている。それはそっくりそのまま、長谷部が日本代表で果たしてきたタスクだと言えるだろう。

 昨シーズンまで韓国Kリーグでプレーしていた髙萩は、対アジアの経験が豊富な点も見逃せない。UAE相手にどんなパフォーマンスを披露するのか見ものだ。

最終更新:3/21(火) 19:04
SOCCER DIGEST Web