ここから本文です

菅野智之vs.米国の強力スラッガー。禁断の球種、ケンカ腰解禁で勝負!

Number Web 3/21(火) 12:05配信

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝、日本対米国戦は米時間21日午後6時(日本時間22日午前10時)に、いよいよ熱戦の火蓋が切って落とされる。

 2大会ぶりの世界一奪回を目指す日本代表「侍ジャパン」は19日(同20日)の夜にアリゾナから決戦の地・ロサンゼルス入り。試合前日の20日(同21日)は午前10時からドジャースタジアムで最終調整を行った。

 日本の先発はエースの菅野智之投手(巨人)、一方、アメリカは昨年16勝をあげている右腕、タナー・ロアーク投手(ナショナルズ)と発表された。

米国代表の打線は、全員メジャーリーガー。

 気温15度。灼熱のアリゾナから一転、少し肌寒さを感じるドジャースタジアムの外野の芝生の上で、菅野は遠投を繰り返した。

 登板前日のルーティン。やるべきことはやり切って、後は勝負のマウンドに上がるだけだ。

 2年連続で本塁打王に輝くノーラン・アレナド(ロッキーズ)や通算225本塁打のアダム・ジョーンズ(オリオールズ)、同208発のジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)ら1番から9番まで全員メジャーリーガーが並ぶ米国打線。

 「(アメリカ打線は)全員が知っている名前の選手ばかり。ただ相手がどうこうではなく、まず自分のピッチングをすること。背伸びせずにしっかり準備してきたことをやりたい」

 エースは静かに闘志を燃やした。

 不完全燃焼に終わった東京ラウンドのピッチング。特に14日の2次ラウンドのキューバ戦では、ストレートは150キロを計時したが、決め球のスライダーの制球が甘くなったところを痛打された。

米国戦でのリベンジに込めた秘策とは?

 「できれば6回まで」と意気込んでマウンドに上がったが、結果的には4回を投げて74球を費やし7安打4失点で降板した。

 「(東京ラウンドは)個人的には不本意なピッチングだったので、リベンジのチャンスを与えられて嬉しい。1週間の調整期間の中で大きく変えることはできないので、今までの反省を踏まえてやっていくのが一番だと思っています」

 前日にアリゾナで行われたドジャースとの強化試合の前にブルペンに入った。63球を投げ込んだが、そのピッチング内容に菅野の反省と米国戦でのリベンジへ向けた秘策が込められている。

 「選択肢の中に入れておけば有効だと思う。まずまずでしたね」

 こう自己評価したのが、6球投げたフォークだった。

1/3ページ

最終更新:3/21(火) 17:46

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

924号
3月30日発売

特別定価600円(税込)

<WBC2017>侍ジャパン、激闘の記憶。

【それぞれのWBC】 千賀滉大/菅野智之/菊池涼介/小林誠司/筒香嘉智/中田翔
権藤博 投手起用を語る

Yahoo!ニュースからのお知らせ