ここから本文です

「離婚」の先にあるもの 迫りくる出産のタイムリミット…友の離婚に立ち会って

3/22(水) 16:34配信

ファンファン福岡

こんにちは、北九州出身のライター尾越です。

2015年に結婚した夫婦のうち、両方、またはいずれかが再婚だった割合は26.8%。
厚生労働省が発表した調査結果だ。いま、結婚する夫婦の4分の1が再婚だという。

私は時々、結婚の記事を書くことがあるけれど、編集部から「“一生に一度”という表現は使わないでください」と言われることも多く、なんとも複雑な気持ちになったりする。

離婚は珍しくない時代とはいえ、結婚と同じように、ひとりではできない。相手だけでなく、その家族も関わる大きな出来事だ。

だから、経験者が話す、

「離婚は結婚の何倍も大変!」

「離婚を機にランニングを始めて、悲しみから逃避してる」

「離婚してギックリ腰になった」

という言葉の数々に、身震いしてしまうのだった。

それでも、人生の正解など誰にも分らないのだから、その苦行の先には、明るい未来が待っていると信じるしかない。

前に話を聞いた女性が言っていたな。

「幸せな結婚もあれば、幸せな離婚もありますよ」と。

■友の離婚に立ち会って

昨年の秋、友が離婚した。

理由は一言では言えないが、敢えて言うならセックスレス。その裏にあるのは、友の「子どもが欲しい」という思いだった。

10年近く寄り添った元夫との間に何があったかをすべて書こうとすると、おそらく本1冊分くらいになる。

だから、ちまたで言われているような、「たまにはHな下着をつけて夫を誘惑しよう!」とか、「温泉旅行で熱い夜を!」、「シチュエーションを変えて、ラブホテルに行こう!」などという解消法では、おそらく関係は微動だにしないだろうことは、傍目にも明らかだった。

友も元夫のことは嫌いではない。情もあるから、関係の維持を望んできた。この先のことを考えないように仕事に打ち込んでみたり。しかし、そうしている間にも迫りくるのは出産のタイムリミット。

彼女の背中を押したのは、去年、友と一緒に仕事をした作家の女性だった。

再婚してハッピーになろう!という本を出版したその先輩女性は、自身も再婚して、今まさに幸せオーラ満開!

「そのままで本当にいいの? この先、子どもができるかどうかは分からないけど、可能性が1ミリもないなら、さっさと別れて、次の相手を見つけたほうがいい」

「この先、絶対に後悔しないと言える?」

会うたびにこんなことを言われ続け、数年間停止していた思考が動き始めた友は、元夫との離婚を決めたのだった。

~「離婚」の先にあるもの(2)本籍はどこにするのか問題へ続く~

尾越 まり恵

ライター
1980年1月30日、福岡県北九州市生まれ。
女性の幸せを願い、女性のキャリア、恋愛、結婚、出産について取材し、執筆しています。
専門テーマは「シングルマザー」「不妊治療」「ワーキングマザーの仕事と子育て」

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。