ここから本文です

「魔法の使い手」「湾岸のメッシ」 UAE代表が誇るアフロヘアの天才児をFIFAが異例の絶賛

3/22(水) 13:50配信

Football ZONE web

UAE対日本戦を前にFIFAが特集したのはMFオマル・アブドゥルラフマン

 ハリルジャパンは23日(日本時間24日0時半キックオフ)にロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地UAE戦を迎えるなか、UAE代表の誇るアフロヘアの天才児がFIFA公式サイトで「魔法の使い手」「湾岸のメッシ」と異例の絶賛を受けている。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

 W杯アジア最終予選で大一番となるUAE対日本戦で、FIFAがピックアップした選手はドルトムント香川真司でも、ACミラン本田圭佑でもなかった。UAEの背番号10、MFオマル・アブドゥルラフマン(アル・アイン)が特集されている。

 特集ではそのパフォーマンスが絶賛されており、「アブドゥルラフマンは数年に渡り、クラブと代表のために魔法の使い手であり続けてきた。彼の独特な多様なスキルによって。司令塔はゴールを決めることを好み、セットプレーとペナルティーボックスへの侵攻で相手のDFに脅威を突きつける。まさにアジアを牽引するフットボーラーの一人だ」と賛辞が並んだ。

 2016年アジア最優秀選手に選出されたアフロの司令塔は「個人の表彰を手にすることは選手にとっても重要だ。なぜならピッチ上で最高の存在であろうとするモチベーションを与えてくれるからだ。トロフィーを手にできて嬉しい。ハードワークの報酬だ」と語り、「僕の目的はこの国をW杯に導くことだ」と言い切る。

名司令塔「目標はジダンとイニエスタ」

 UAEが誇る名司令塔はバルセロナの天才に例えられており、「アフドゥルラフマンのパフォーマンスは偉大なリオネル・メッシと比較されている。彼の異名は湾岸のメッシだ」と報じられているが、本人は「僕の目標はと聞かれれば、ジネディーヌ・ジダンとアンドレス・イニエスタだね」と、現在レアル・マドリードを率いるかつての天才とバルセロナの司令塔の名前を挙げている。

 オマルは日本キラーとして評価を高めている。ハビエル・アギーレ前監督時代の2015年のアジアカップオーストラリア大会準々決勝で、日本はUAEに延長PK戦の末に敗れた。そして、昨年のアジア最終予選では埼玉スタジアムでは初黒星を献上したなか、FIFAも注目するアフロの才人をハリルジャパンは今度こそ止めることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/22(水) 13:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新