ここから本文です

【速報・4回】名手菊池のミスから米国が1点先制

3/22(水) 11:36配信

ベースボールチャンネル

 菅野は先頭の2番・ジョーンズを空振り三振に仕留めるが、3番・イェリッチの打球を名手菊池が弾き、1死二塁とピンチを迎える。4番・アレナドへは慎重に攻め、渾身の直球で空振り三振に仕留めるが、5番・ホズマーにも慎重に攻めた結果、四球で歩かせてしまう。

【WBC2017】各プールの順位表

 さらに、続く6番・マカッチェンに甘い変化球を左翼前に運ばれ、先制を許してしまった。7番・ポージーには連係ミスで危うくポテンヒットとなるところを坂本が好プレーで救ったが、遂にこの回米国に先制点を許してしまった。

 1点を追うことになった侍打線は、3番・青木が二ゴロに打ち取られるが、4番・筒香が四球で出塁する。5番・中田は右飛、6番・坂本も右飛に抑えられ、侍ジャパンは反撃をすることができなかった。

侍ジャパン 0-1 米国

投手リレー
【侍ジャパン】
菅野 64球
【米国】
ロアーク 48球

本塁打
【侍ジャパン】
【米国】

バッテリー
【侍ジャパン】
菅野 - 小林
【米国】
ロアーク - ポージー

ベースボールチャンネル編集部