ここから本文です

「日本は正当な同点弾を奪われた」 UAE紙が最終予選初戦の誤審騒動に改めて言及

3/22(水) 18:37配信

Football ZONE web

カタール審判団の判定がいまだに波紋呼ぶ “幻のゴール”で日本が1-2と敗戦

 日本代表は23日にロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地UAE戦を迎えるが、UAEメディアでは昨年9月の最終予選初戦で波紋を広げたシュツットガルトFW浅野拓磨のゴールが取り消された“中東の笛”を、「日本は正当な同点弾を奪われた」と改めて振り返っている。UAE地元紙「ザ・ナショナル」が、試合プレビューとして報じた。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

 ハリルジャパンの最終予選の道のりを一層険しいものにしたカタール審判団の判定は、いまだに波紋を広げている。

「もちろん、日本は埼玉で正当な同点弾を奪われた。ハリド・エイサがボールを跳ね返す前に、浅野拓磨のシュートはゴールラインを越えていたのだから」

 記事ではこう報じられている。1-2と日本の1点ビハインドで迎えた後半32分のこと。浅野のシュートはゴールラインを越えた後、GKハリド・エイサにかき出されたかに見えたが、ノーゴールと判定された。エイサは「僕はボールがゴールに入ったのを見ていない。できる限り素早くボールをかき出し、セーブしようとしただけだよ。僕らが勝ったということが重要なんだ」と試合後にとぼけたが、UAEメディアはいまだに良心の呵責に苛まれているようだ。

「幸運にふさわしいもの」とUAEの奮闘称える

 その一方で、ハリルジャパンの総攻撃を跳ね返し続けた自国の代表についても、「しかしUAEは、この幸運に完全にふさわしいものだった。日本の猛攻を前にして、彼らの断固たる決意を持って勝利をもぎ取ったのだ」と改めて称賛している。

 ホーム初戦では“中東の笛”という誤審騒動に試合結果を左右されたが、ハリルジャパンは想定外のアクシデントを、今度こそ跳ねのけることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/22(水) 18:37
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新