ここから本文です

侍ジャパン、WBC準決勝で敗退!米国相手に接戦も、王座奪還の夢途絶える

3/22(水) 13:24配信

ベースボールチャンネル

 侍ジャパンは21日(日本時間22日)にアメリカ合衆国、カリフォルニア州のドジャースタジアムでワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝の米国戦を行い、米国代表が2対1で接戦を制し、22日(日本時間23日)に同地で行われるプエルトリコ代表との決勝戦へチーム史上初めて駒を進めた。

【WBC2017】各プールの順位表

 ドジャースタジアムでは非常に珍しい、雨の中で行われた試合は、先発の菅野、ロアークが共に好投。米国打線は菅野の直球とコーナーに集める変化球をなかなか捉えることができず、また、侍打線はロアークのツーシームに苦戦し、両チームとも0点で前半戦を終えた。

 しかし、4回に遂に試合が動く。米国の3番・イェリッチの打球を二塁手の菊池が弾き、打者を二塁まで進めると、6番・マカッチェンに三遊間に鋭い打球を運ばれ、米国が1点を先制した。

 侍ジャパン先発の菅野は米国の超強力打線を相手にしても、自らの投球を披露。自身も「これまで図ってきた意思疎通が大一番でできた」と語り、6回を3安打、6奪三振、1四球、自責点0に抑える完璧な投球を見せつけ、マウンドを降りた。

 好投の菅野を援護したい侍ジャパンは、6回裏には失策を犯し「何とかしたい気持ちで打席に立った」という菊池がソロ本塁打を右翼スタンドに放ち同点とする。

 侍ジャパンは7回からは千賀が登板。米国の5・6・7番を三者連続三振に仕留め、MLBでも通用する直球とフォークボールを披露した。

 8回も千賀が続投するが、8番・スタントンを四者連続三振に仕留めた後に、連打を浴び二三塁。前進守備を敷いた侍ジャパンだったが、2番・ジョーンズのゴロに対して松田がミスをし、勝ち越し点を献上した。

 8回裏には侍ジャパンが代打内川の安打と山田の犠打でチャンスを作るも、後続が続かずに無得点。

 9回は平野・宮西・秋吉の小刻みな継投で侍ジャパンは0点にしのいだが、9回裏には今大会好投をしているグレガーソンの前に抑えられ、2対1で米国代表が勝利した。

 侍ジャパンはミスから喫した失点が最後まで響き、また打線は米国の小刻みの継投相手にあと1本が出ず、接戦を落とした。今大会は歴史上初めて全勝で勝ち進んだが、2大会連続で準決勝敗退。王座奪還の夢は途絶えてしまった。

侍ジャパン 1-2 米国

投手リレー
【侍ジャパン】
菅野 81球
千賀 31球
平野 3球
宮西 2球
秋吉 6球
【米国】
ロアーク 48球
ジョーンズ 19球
ミラー 17球
ダイソン 12球
メランソン 11球
ニーシェック 4球
グレガーソン 7球

本塁打
【侍ジャパン】
菊池(6回・ソロ)
【米国】

バッテリー
【侍ジャパン】
菅野、千賀、平野、宮西、秋吉 - 小林
【米国】
ロアーク、ジョーンズ、ミラー、ダイソン、メランソン、ニーシェック、グレガーソン - ポージー

ベースボールチャンネル編集部