ここから本文です

日本新三大夜景!札幌の街の夜景を楽しもう

3/23(木) 20:00配信

東京ウォーカー

2015年に長崎、神戸と並ぶ日本新三大夜景に選ばれた札幌名物の夜景。光の量が多く、宝石のようにキラキラ輝く絶景は必見! 山頂から、競技場から、ビルの最上階から…様々なスポットから堪能できる美しい札幌の夜景を紹介します。

もいわ山ロープウェイ/ゴンドラ

■ もいわ山

札幌を一望できる見事な大パノラマを満喫しようと多くの人が訪れる札幌屈指の人気スポット。山頂展望台からは札幌の街並みをはじめ、雄大な石狩平野や石狩湾、その遠くには山々も連なりまさに絶景! 夜景の見えるレストランやプラネタリウムなどの施設もありますよ。

■ もいわ山ロープウェイ

山頂展望台へは、山麓駅からロープウェイに乗車し、中腹駅でミニケーブルカー「もーりすカー」に乗り換えます。ロープウェイでは進行方向の後ろ側がベストポジションです!

ゴンドラ内はほぼガラス張り! 5分間約1200mの空中散歩を楽しもう。

■住所:札幌市中央区伏見5-3-7 ■電話:011・561・8177(もいわ山ロープウェイ山麓管理事務所) ■営業時間:10:30~22:00、12~3月11:00~(上り最終は21:30) ■休み:11月に10日ほど運休(整備点検のため) ■料金:ロープウェイ+もーりすカー(往復)\1700

■ 大倉山ジャンプ競技場

こちらは、1972(昭和47)年の冬季オリンピック札幌大会でジャンプ競技が行われた場所なんです! 夜には標高307mのジャンプ台から広がる札幌市街や石狩平野の大パノラマが一望できるのでオススメです。

夕方までは、2人乗りリフトでジャンプ台の頂上まで登ります。さらに、リフト運行終了後もエスカレーターで競技場の麓まで行くことができ、21:00まで夜景を楽しめますよ。

■住所:札幌市中央区宮の森1274 ■電話:011・641・8585(大倉山総合案内) ■営業時間:8:30~18:00(11/4~4/28は9:00~17:00) ■休み:大会公式練習開催時及び4月上旬~中旬にかけて、リフト整備による運休あり ■料金:リフト(往復)大人\500、子ども\300

■ JRタワー展望室 T38

JRタワーの最上階に位置するスタイリッシュな展望室で、地上160mからの夜景を楽しめます。テレビ塔やすすきのが見える南サイド、札幌を囲む山々を一望できる西サイド、海が見える北サイド、晴天時に夕張岳や芦別岳が望める東サイドと、東西南北で異なる街並みを眺めることができるのがポイント!

併設のカフェでゆったりと夜景を楽しむのもオススメですよ。

■住所:札幌市中央区北5西2-5 JRタワー38F(受付はJRタワーイースト6F) ■電話:011・209・5500 ■営業時間:10:00~23:00(最終入場は22:30、7~9月は9:30~) ■休み:なし ■料金:\720

札幌の夜景が、素敵な観光の思い出になること間違いなしです!

【北海道Walker編集部】

最終更新:3/23(木) 20:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。