ここから本文です

監督としても3000試合出場の大記録を達成したノムさん。「すべては、支えてくれた人たちがいたからこそ」

3/23(木) 12:00配信

BEST TIMES

1566勝1564敗76引き分け、勝率.500、リーグ優勝5回、日本一3回――。監督として指揮をとった試合は3000試合以上。なぜ、ここまでやれたのか。「常に私のことを信頼し、支えてくれた人たちがいた」周りのサポートがあったからこそ。そしてその期待を裏切るまいと、地道な努力を継続できた。新刊『壁』を発売した野村克也氏が、ヤクルトスワローズの監督退任後の監督人生を語る。

期待を裏切ってはいけない一心で、グラウンドに立ち続けた

 1998年のシーズンオフにヤクルトスワローズの監督を退任した後、阪神タイガースの監督に就任しました。

 低迷していたチームの建て直しを任されたわけですが、そのためには、私が培ってきた数々の野球理論で詰め込んだ「野村の考え」を、いかに選手たちに教え込むかがポイントでした。

 それが何よりも重要だと考え、春のキャンプでは、練習後に毎晩「野村時間」と呼ばれたミーティングの場を設け、徹底したんです。

 ただ、スワローズの監督時代は、選手たちが「もっと強くなりたい。同じ東京に本拠地を構える、読売ジャイアンツに負けてたまるか」という向上心を持っていました。だからこそ私の言葉に素直に耳を傾けてくれたのですが、タイガースでは、そうはいきませんでした。

 正直に言うと、タイガースの選手たちから、そこまでの貪欲さを感じることができなかった。「もっと貪欲になれ」と言っても、チームに沁み込んだ野球そのものへの考え方を変え、もっと言えば、人間を成長させるための向上心を持たせるには、とても2、3年では無理だったと思います。

 結局、私が指揮をとった3年間、「野村の考え」はほとんど浸透せず、連続で最下位という不本意な結果に終わってしまったのは残念でなりません。

 一般の会社でもそうなのでしょうが、チームや会社に「理念」や「考え」を植え付けることの難しさを私は身を持って経験したわけです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。

BEST TIMESの前後の記事