ここから本文です

無料で楽譜をダウンロードして印刷できる厳選7サイト

3/23(木) 11:10配信

ライフハッカー[日本版]

MakeUseOf:あなたはいま楽器を習っている? クラシック音楽が大好き? あるいは、音楽教師で学生用の教材を探しているところ?

【楽譜をダウンロードできる厳選7サイト】

このどれかにあてはまるなら、あなたはいつも新しい楽譜を探しているはず。

この記事では、印刷できる無料の楽譜を見つけられる厳選7サイトを紹介します。有名なクラシックから、20世紀のロッククラシックの新しい解釈まで、あらゆる楽譜をダウンロードできますよ。

1. 8notes

8notesのコンテンツは、インストルメンタル、スタイル、アーティストの3つのセクションに分かれています。つまり、あなたの専門分野がどんな音楽だとしても、ニーズに合った楽譜を見つけられるということです。ほぼすべての楽譜にMP3またはMIDIファイルが付属しており、サイト内をブラウズしながら楽曲を視聴することができます。

また、ここにあるのは楽譜だけではありません。そのほかの教材もたくさん用意されています。音楽理論の講義からギタースケールまで何でも揃っています。

年間20ドルを払えば購読者になれます。購読者は、より長い楽曲を聴けたり、高度なコンテンツやMIDIコンバーターを利用できるほか、広告を非表示にできます。

2. IMSLP(国際音楽スコア・ライブラリ・プロジェクト)

楽譜を使う人でIMSLPを知らない人はいないはず。このサイトは2006年に開設され、今ではウェブ上のどんなサイトよりもたくさん、無料の楽譜を提供しています。

現時点で、ライブラリには115,347件の作品、379,954点のスコア、43,390件の音源、14,863人の作曲家、390人の演奏家が登録されています。一生を費やしても余りあるコンテンツです。検索機能はシンプルで、期間、国籍、楽器、言語、ジャンルといったフィルタで検索できます。

また、このサイトでは多言語対応のフォーラムが盛り上がっています。楽譜をリクエストしたり、ダウンロードした音楽についてチャットしたり、自分の音楽成功談をシェアすることもできます。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。