ここから本文です

真のオスカー作品賞は『ムーンライト』だとわかった時にライアン・ゴズリングが思ったこととは?

3/23(木) 19:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ライアン・ゴズリングは、大混乱の状況にあっても冷静を保つ方法を知っている。今年のオスカー授賞式で起こった大失態の時に見せたリアクションを思い出してほしい。『ラ・ラ・ランド』のキャストが登壇し、すでに受賞スピーチが始まってから、本当の受賞作は『ムーンライト』だったと発表され、ショックと混乱を巻き起こしたが、ゴスリングは脇に退き、冷静沈着に、周囲で起こっているドタバタに含み笑いをしていた。

【写真集】2017年オスカー開幕! セレブたちの全ドレススタイル総まとめ

ゴズリングの困惑したような反応は、授賞式の後、SNSで拡散されたが、つい最近彼はAP通信のインタビューで、あの時のことについて話した。
「何にも言えないじゃないか。『ムーンライト』が受賞して嬉しかったのも事実だし。とてもすばらしい作品だからね。ああいう優れた作品が評価されるのは素敵なことだよ」 
 
授賞式から一カ月が経つが、彼は現在、やはり音楽を扱った作品『Song to Song』(原題)のプロモーション中。『ラ・ラ・ランド』ほどではないが、サウンドトラックで歌を披露している。この作品が何かの賞を受賞することになったら、今度こそ、間違いなく発表されることを祈ろう。間違われたとしても、彼が完璧なリアクションをすることはわかっているけれどね。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。