ここから本文です

ビヨンセとFaceTime!末期がんを患うファンに起きた奇跡

3/23(木) 22:10配信

コスモポリタン

エボニー・バンクスさんは、米テキサス州ヒューストンのアリーフ・ヘイスティングス高校に通う女子高生。現在、非常に稀なケースとされるステージ4のがんを患う彼女の夢は、「大好きなビヨンセに会うこと」。

【動画】気になるFaceTimeの様子はこちらから

すると今週23日(現地時間)、彼女の元にビヨンセからFaceTime経由で着信が!

FaceTimeの画面上で、エボニーさんに向けて「I Love You(愛してる)」と優しく囁いたビヨンセ。

<People>によると、がんが見つかってからは高校での最後の年をほとんど病院で過ごし、あまり学校に通えなかったというエボニーさん。「Ebob(エボブ)」の愛称で親しまれる彼女のため、今月頭には学校側が協力し、病院で早めの卒業式を行うことに。

このとき彼女への卒業祝いとして、友人やクラスメイトたちが思いついたのが、「#EBOBMEETSBEYONCE(エボブをビヨンセに会わせて)」というハッシュタグ。これをネット上に広めることで、エボニーさんの夢を叶える手助けができるかもしれないと思ったのだとか。

そして彼女たちの努力は実り、その夢はFaceTimeという形で実現することに。

「ビヨンセはエボニーの偉大なるアイドルの1人で、すごく心酔してたの。だから私たちはTwitterやInstagramを使って、ビヨンセに届くよう働きかけたのよ」と地元のテレビ局に語ったのは、エボニーさんと同じ高校に通う2年生のカリーナ・グティエレスさん。

エボニーさんと病との日々はこれからも続くけれど、優しい友人たちに囲まれて過ごす彼女の時間が、愛に満ち溢れたものでありますように。

最終更新:3/23(木) 22:10
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。