ここから本文です

ハリル監督は審判団にクレームも… 選手は恨み節封印「いちいちカッカしてもしょうがない」

3/23(木) 16:10配信

Football ZONE web

前回のUAE戦で起きた誤審騒動、ハリル監督は「中東の笛」にいまだ怒りを募らせる

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は23日のロシア・ワールドカップアジア最終予選の敵地UAE戦に向けて、昨年9月の本拠地初戦の敗戦の一因となった「中東の笛」にいまだ怒りを募らせている。その一方で試合に臨む選手たちは審判のジャッジに対する恨み言を封印し、勝ち点3に集中する意識を高めているようだ。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

 ハリル監督はUAE戦前日会見で審判団へのクレームを忘れなかった。

「まずは、不正当な審判の笛を吹かれることを避けたいですね。お分かりですか? そう期待しています」

 UAEを埼玉スタジアムで迎え撃った昨年9月の最終予選初戦、日本は1-2で敗戦してカタール審判団による誤審騒動が起こった。1-2と日本の1点ビハインドで迎えた後半32分、浅野のシュートはゴールラインを越えた後、GKハリド・エイサにかき出されたかに見えたがノーゴールと判定された。

 UAE地元紙「ザ・ナショナル」が今回の試合前に、「日本は正当なゴールを奪われた」と蒸し返すほどの明らかなミスジャッジで、中東の笛はフットボール界に波紋を広げた。今回の試合では、より中立的な立場として、ワールドカップなどの大舞台を経験したウズベキスタン人のラフシャン・イルマトフ主審が担当となった。

酒井は誤審の恨み言に利なしと主張

「正確な笛を吹いてほしい。ワールドカップに行くかの決定的な試合になるかもしれない」と語り、最終予選中にこの判定への恨み言を続けているハリル監督とは対照的に、選手は試合に集中している。 ハンブルガーのDF酒井高徳はレフェリングについてこう語る。

「それで話さなければいけないのはもちろんあるけど、それで痛い目にあったりするのもあるし、長く戦っているわけだから、それにいちいちカッカしていてもしょうがないと思う。じゃあ終わった後に、そのレフェリングがってオレらはそれをいつまで言い続けるんだという話になってしまう。そういうのも含めた戦いっていうのを頭に入れてやるのが一番大事かなと思います」

 ブンデスリーガの名門でキャプテンも務めるサイドバックは、試合中の局面に応じて主審とのコミュニケーションも迫られている。一つのジャッジの正否に激怒し、集中を失う愚を痛感しているようだ。そして、誤審の恨み言を続けることにも大きな利はないと主張している。

「しばらく代表から離れていたので、そのへんの意思統一をするのはこの合宿で大事になってくると思う。周りを見ていても色んな人が選手同士で話し合っていると思うので、そういった形で試合当日もピッチ内で話していければ、そのへんはしっかり改善できるところがいっぱいあると思います」

1/2ページ

最終更新:3/23(木) 16:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新