ここから本文です

日本と同組の首位サウジは勝利。オーストラリアはイラクに追いつかれドロー

3/23(木) 22:53配信

フットボールチャンネル

 ロシアW杯アジア最終予選グループBの試合が23日に行われ、イラク代表とオーストラリア代表、タイ代表とサウジアラビア代表がそれぞれ対戦した。

上位4位が勝ち点差4の混戦に… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 日本の入っている最終予選のグループBは、サウジアラビアと日本が勝ち点10で1位と2位を占め、1ポイント差の3位と4位にオーストラリア、UAEが続くという大混戦。今節はUAEと日本の対戦に先立ち、予選突破を争うライバルチームの試合が先に開催された。

 イランのテヘランで行われたイラク対オーストラリア戦では、前半にオーストラリアが先制。左からのCKに合わせたFWレッキーが強烈なヘディングを叩き込んで1点をリードし、そのまま前半を折り返した。

 だがイラクも後半に反撃し、74分に同点に追いつく。左サイドを突破した選手からのクロスがGKと守備陣の間を抜け、最後はファーポストからアハメド・ヤシーンが蹴り込んだ。その後は得点が生まれることなく、1-1のドローに終わっている。

 タイのホームで行われたサウジアラビアとの試合では、26分にアウェイチームが先手を取る。オフサイドラインを破って抜け出したFWアル・サハラウィが強烈に蹴り込んでサウジアラビアが前半のうちに先制。終盤にはさらに点を追加し、3-0で勝利を収めている。

 この結果、グループBはサウジアラビアが勝ち点13で暫定首位。オーストラリアは勝ち点10で日本と並び、総得点差で日本を抑え暫定2位となっている。日本は23日にアウェイでUAE代表と対戦する。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)