ここから本文です

メインおかず&おつまみに!旬のおいしさたっぷりのかぶ料理3選

3/24(金) 18:00配信

東京ウォーカー

炒めればほくほく、煮込むととろ~り、そして生で食べればシャキシャキ……と、調理法によってさまざまに食感が変化する食材、かぶ。旬を迎えたかぶのおいしさを、いろいろな調理法で味わってみましょう。ちなみにかぶは実の部分が淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜となり、それぞれに栄養成分が異なります。白い実の部分には消化を助けるアミラーゼやジアスターゼが、緑色の葉の部分には美肌成分・ビタミンCやミネラルが豊富に含まれています。

【画像】ほかにもいっぱい!旬の「かぶ」を使ったレシピ(記事下にレシピへのリンクあり)



【厚切りベーコンとかぶのソテー】(1人分297Kcal、塩分1.2g、調理時間15分)



<材料>(2人分)

厚切りベーコン100g、かぶ(葉つき)小3個、エリンギ1パック(約100g)、にんにく1片、赤とうがらしの小口切り1本分、オリーブ油、酒、塩、粗びき黒こしょう



<作り方>

(1)かぶは茎を少し残して葉と切り分け、四つ割りにする。葉は4cm長さに切る。エリンギは大きめの乱切りにする。にんにくは包丁の腹で叩き潰す。ベーコンは7~8mm幅に切る。

(2)フライパンにオリーブ油大さじ1とにんにくを入れて火にかけ、香りが立ったら赤とうがらしとベーコンを加える。ベーコンに焼き色がついたら、かぶとエリンギを加えて焼く。

(3)かぶとエリンギに焼き色がついてきたら、酒大さじ2を加えてふたをし、時々揺すりながら弱火で4~5分蒸し焼きにする。ふたを取って塩、こしょう各少々で調味し、かぶの葉を加え、しんなりするまで炒める。



【かぶの和風カレー煮】(1人分387Kcal、塩分1.8g、調理時間20分)



<材料>(2人分)

合いびき肉200g、かぶ(葉つき)4個、玉ねぎのみじん切り1/2個分、にんにくのみじん切り1/2片分、しょうがのみじん切り1/2かけ分、サラダ油、カレー粉、小麦粉、しょうゆ、トマトケチャップ、塩、こしょう



<作り方>

(1)かぶは葉の根元から切り落として皮つきのまま縦半分に切り、葉は3~4cm長さに切る。

(2)フライパンに油大さじ1を熱し、玉ねぎを強めの中火でうすく色づくまで炒め、にんにく、しょうがを加えて炒める。香りが立ったらひき肉を加えて色が変わるまで炒め、カレー粉大さじ1、小麦粉大さじ1 1/2をふり入れ、粉っぽさがなくなるまで炒める。

(3)水2カップを加え、煮立ったらかぶを加える。再び煮立ったらアクを除いてふたをし、弱めの中火で約8分煮る。かぶの葉を加えてしょうゆ、ケチャップ各大さじ1、塩小さじ1/2、こしょう少々で調味し、2~3分煮る。



【かぶとハムのカルパッチョ風】(1人分89Kcal、塩分1.2g)



<材料>(2人分)

ロースハム2~3枚、かぶ(葉つき)1個、ドレッシング(おろしにんにく少々、レモン汁小さじ1、オリーブ油小さじ2、塩、こしょう各少々)、塩



<作り方>

(1)かぶは葉と切り分け、皮つきのまま薄い輪切りにし、塩小さじ1/4をまぶして約5分おく。水けが出たら洗って、ペーパータオルで水けを拭く。葉適宜は小口切りにし、塩少々でもんで、水けを絞る。ハムは4等分の十字に切る。

(2)器にかぶとハムを少しずつ重なるようにして盛り、葉を散らす。ドレッシングの材料を混ぜてかける。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:3/24(金) 18:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。