ここから本文です

中国発BLドラマ!イケメンコスプレイヤーが船上でバスローブ1枚に!?

3/24(金) 18:00配信

ザテレビジョン

中国で話題を集めた、イケメン2人が禁断の恋に落ちるBLドラマ「双程 A Round Trip to Love」が上陸。4月1日(土)・8日(土)朝5:00~7:00にCS・アジアドラマチックTVで放送する。

イケメン2人が禁断の恋に落ちるラブストーリーは胸キュンシーンがいっぱい!?

同作は、大学の同級生だった2人が恋に落ちるも、親に反対され引き裂かれ、社会人になって再会する、という男性同士という以外はいわゆる王道のラブストーリーだ。

主演の一人、ホワン・ジンシャンは、“美しすぎるイケメンコスプレイヤー”などとSNS上でも話題になったコスプレイヤーで、モデル、俳優など幅広く活動している。放送に先駆けホワン・ジンシャンに、作品の見どころなどについて聞いた。

――まず、BL作品に出演を決めた理由は?

原作を読んで、(BLというテーマには)心配もありましたが、物語自体にすごく興味を持ったので、出演を決めました。それと今回演じたイーチェンというキャラクターにすごく共感したんです。

イーチェンはさまざまな感情を抱えているんです。友情、愛情、親に対する気持ち…特に母親に対する気持ちが複雑なんですよね。そして小さい頃は親の言いなりになる、いわゆる“良い子”な性格だったり、考え込むクセがあったり、そういうところは自分と似ているなと思いました。

――ロマンチックな演出も多数ある中で、ご自身のお気に入りのシーンを教えてください。

僕が演じるイーチェンが家の中に、相手のルーフォンが家の外にいて、彼がプレゼントを風船に結んで渡してくれるシーンがあるのですが、それはすごく印象に残っていますね。

実はこの作品は最後は悲しい結末を迎えるのですが…その風船のシーンはすごく和やかで、2人の気持ちも通じ合っている、一番好きなシーンですね。

――出来上がった作品を見たときの感想は?

これまでも何度か演技の経験はありますが、まだまだ新人ですし、完璧ではないな、と感じたのが正直な感想です。この作品のように複雑な感情を持って葛藤しているキャラクターは初めてで、自分にとっては挑戦でもありましたが、役の気持ちを伝えようと頑張っている姿を見てほしいですね。

――作品を見た周囲からの反響はあったのでしょうか。

今回の作品は特別なテーマですからね。でもコスプレをやっているということもあって、周りにはいわゆる腐女子の知り合いが結構いまして、撮影中から期待してくれていて、「撮影しているところを見たい!」と言ってくれる子もいました。

それと撮影が終わって上映されるまでの間に、父親が「どこで上映されるの? みんなに紹介するから」と言ってくれたのですが、恥ずかしくて…。今回の(BLという)テーマは、上の世代には受け入れられない内容でもあるので、見てほしくないなという気持ちも少しありました。

――拘束シーンなど過激な場面もありましたが大変だったことは?

一番難しかったのは最後のプールのシーンですね。長年抱えてきたストレスや言いたくても言えなかったことを、全部相手にぶちまけるのですが、撮影前からずっと気合いを入れていましたね。

あと、船の上でバスローブ一枚、しかもはだけている、という撮影があって、演技もしないといけないんだけど寒くて寒くて…苦労しましたね(笑)。

――逆に作品に関して、うれしかったこと・楽しかったことは?

中国国内で何度かこの作品のファンミーティングをやったんです。たくさんのファンの方が来てくれたのですが、なんと日本からも来てくれて…それには感動しました。

――それではコスプレ活動についても少し教えてください。まずコスプレを始めたきっかけと、一番好きなキャラクターは?

元々アニメが好きでしたが、周りにコスプレイヤーなんていなかったんです。それが大学に入って仲間と出会ってコスプレを始めて、「杭州304アニメ社団」(中国の有名なコスプレサークル)で活動するようになって。

小さい頃から好きなアニメは「犬夜叉」です。コスプレをすることすら、冒涜(ぼうとく)なのではと思っていたほどでした。一度コスプレして撮影してみたこともあるのですが、その時の出来には満足していないので、またリベンジしたいですね。

――今やってみたいキャラクターは?

たくさんありますけど…一番は「ユーリ!!! on ICE」のヴィクトル・ニキフォロフというキャラクターにチャレンジしてみたいですね。

――それでは最後に、放送を楽しみにしている方に向けてメッセージをお願いします。

イーチェンとルーフォンの2人の恋愛はもちろん、2人の関係に大きな影響を与える親や兄弟とのやり取りなど、いろいろな人間ドラマに注目してほしいです。中国では吹き替えを別で撮ることも多いのですが、吹き替えをやっている時に自然と涙が出てくるくらい、役に入り込んで演じた作品なのでぜひ見てください。

最終更新:3/24(金) 18:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)