ここから本文です

ALTERNATIVE ACADEMY ceroが2年越しで圧巻のライブ!

3/24(金) 21:11配信

ザテレビジョン

“都市と音楽の未来”をテーマに、スペースシャワーTVが主催する音楽とカルチャーの祭典「TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017」。その一環として、ライブイベント「SPACE SHOWER ALTERNATIVE ACADEMY」が3月4日、東京・Shibuya WWW Xにて開催された。同イベントの模様をリポートする。

【写真を見る】ceroの高城晶平は、オールナイトイベントでの失敗談を告白

「SPACE SHOWER ALTERNATIVE ACADEMY」は、東京から世界の音楽シーンに自信を持って薦める気鋭のアーテイストが集結したオールナイトイベント。独自のスタンスで新しい音の世界を探求する7組のアーティストが、東京の夜を熱く盛り上げた。

まずDJブースに登場したのはokadada。前半は洋邦のヒップホップを中心に、アーバンな香り漂うナンバーを次々とプレイし、ライブアクトが始まる前の観客の体をほぐしていく。

これから夜通し続くパーティーに相応しいナンバーの連続に、観客からも要所要所で歓声が上がる。この後登場するceroの前に、彼らとも関係の深いVIDEOTAPEMUSICの曲を流したかと思えば、後半はアメリカンポップス風のナンバーまで、多彩な楽曲でフロアを盛り上げた。

続いてステージに登場したのはcero。昨年の同イベントにも出演予定だったが、その際メンバーの体調不良により出演がキャンセルに。

この日のステージは、メンバーの高城晶平(Vo./Gt./Fl.)、荒内佑(Key.)、橋本翼(Gt.)3人に加えて、キーボード、ギター、ドラム、パーカッションを加えた7人編成。まずはオープニングとして、ジャムセッション的な演奏でボルテージを高めていく。

そして1曲目からアンセム「Summer Soul」のイントロが鳴り響くと、観客のテンションは早くもMAXに。'15年発表のアルバム『Obscure Ride』収録のバージョンからアレンジを変え、黒いグルーヴの中にシンセサイザーの音が印象的に響くサウンドに。

「こんばんはceroです!」という高城のあいさつに続いて披露した「マイロストシティー」では、要所要所で大合唱が発生。観客たちもこの小さなライブハウスで彼らのライブを目にしていることを存分に楽しんでいる様子。彼らの標榜する“エキゾチカ”を存分に感じられるナンバーで、フロアはものすごい盛り上がりに。

「Yellow Magus」では一転、メロウかつアーバンなサウンドを展開。アレンジはアルバムからさらにヒップホップ色の強いビートとなった印象を受けるものの、それを見事なまでにポップな形でアウトプットすることで、実に心地良いサウンドを展開していく。

MCでは、高城が「今日はこんな夜分遅くにお集まりいただいてありがとうございます。本当は昨年も出る予定だったんだけど、橋本君がインフルエンザにかかっちゃって。ことしも呼んでくれてうれしく思います!」と、イベントへの感謝を口にする。

さらに、「次の曲は、サンプラーから荒内君のお母さんの声が出ます」(高城)という案内から「Elephant Ghost」へ。高城のフルートも冴え渡り、派手なパーカッションにキーボード、スクラッチ音まで、多彩な音色がスリリングにせめぎ合う。

ある種“多国籍”なようでいて、反面どこにも属さないという“無国籍”なこのサウンドは彼らならでは。むしろその「ごった煮感」が実に“トーキョー”らしくもあり、まさに「東京から世界の音楽シーンへ」という同イベントのコンセプトにふさわしいものに。

その後披露された新曲“予期せぬ”は、アーバンかつシンプルなビートに合わせて夜遊びにいそしむ人々の情景を歌った、このシチュエーションにピッタリのナンバー。高城は自身の夜遊びでの失敗エピソードを明かしつつ、そうした体験も歌詞に生かされていることを匂わせる。

それに続く新曲は、女性コーラスと高城の掛け合いという、これまであまり見られなかったテイストの歌メロに。時折ポリリズム的な展開があったりと、ジャズ的なアプローチも感じさせる。

終盤には、昨年末シングルとしてリリースされた「街の報せ」も披露。思わずJ Dillaなど、ネオソウルやヒップホップ的なニュアンスを感じさせるややモタり気味のリズムに乗せて、街に生きる人々の営みを歌ったナンバーに、観客も思い思いに体を揺らしていく。

「最後にもう一曲だけやって帰ります」(高城)という言葉と共に、ライブを締めくくったのは「大停電の夜に」。この日はフルートのみの演奏だった高城がおもむろにギターを奏でるなど、ダブを彷彿とするまったりとしたサウンドでフロアを包み込み、圧倒的なサウンドスケープで観客を酔わせた。

続いてDJブースに登場したのは、トラックメーカー兼MPCプレーヤーのSTUTS。MPCを駆使しながら、その場でビートやトラックを生み出していく独自のパフォーマンスで人気を集めている。昨年リリースされたアルバム『Pushin'』からの楽曲を惜しげも無く披露し、フロアを文字通り揺らしていく。

さまざまなボタンをトラックに合わせて叩くように押していくその様は、かつて一斉を風靡したあの“音ゲー”を想起してしまうが、それでいて正確にリズムを刻んでいくテクニックは見事。

De La Soul「Saturday」のカバーで“土曜日の夜”感を演出した後、ペトロールズのトリビュートアルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』にKID FRESINO+STUTS名義で収録される「アンバー」のカバーも披露。ライブアクト待ちという雰囲気だったステージ前方の観客も、思わずDJブースに駆け寄ってくる。

「今日はお友達を何人か連れてきてまして」というSTUTSのMCと共にKMCが登場すると、一際大きな歓声が。熱い言葉で観客を煽りながら、二人で「Rock The Bells」をパフォーマンス。KMCは「見てこのMPC。ズタボロだぜ?血が付いてるんだよ」などと、力強く叩かれ続けるSTUTSのMPCをいじる一幕も。

さらにはAlfred Beach Sandalもステージに。「昨日一緒にやって形になった」という出来たての新曲を披露し、観客を喜ばせる。続けて「Sail Away」になだれ込み、観客を大いに踊らせた。

「長い間聞いていただいてありがとうございました。最後まで楽しんでいってください。STUTSでした」という言葉と共に、ラストはPUMPEEとの共作曲「夜を使い果たして」。フロアで一大シンガロングが巻きおこるなど大盛り上がりの内に終了し、演奏後DJブースには握手を求める観客が殺到していた。

深夜一時を回り、メインステージ2番手で登場したのはYogee New Waves。新メンバー2人を含むメンバー紹介に続いて、まず披露されたのは「Megumi no Amen」。レゲエ的なビートと爽やかなギターサウンドで、深夜から一気に炎天下の昼間へ誘うようなサウンドを展開する。

続く「Ride on Wave」では、70年代シティポップ的なサウンドに。楽曲中盤のキメの連発もしっかりとキレのある形となっており、新メンバー・竹村郁哉(Gt.)、上野恒星(Ba.)とのコンビネーションも全く問題ない様子。

観客の歓声に、角舘健悟(Vo./Gt.)は「いいっすね~。東京っぽいな~。みんなパーティーピーポーですね。俺も客で来たかった~」と、豪華なメンバーが揃ったイベントを満喫していることをアピール。

さらに角舘は「もう何も言うことは無いんだよ!今日は最高なんだよ。それくらい高まってんだよ俺は!」と矢継ぎ早にコメント。その後も「最高が最高を呼んでるんだよ。みんなが楽しそうなのが伝わってくるのが最高なんだよな」と事あるごとに語るなど、観客の反応に万感の面持ちだった。

そこから「Camp」では、角舘の弾き語りからバンドサウンドへと展開。ファンキーなカッティングが印象的だが、変わらず爽やかなサウンドで酔わせていく。続いて披露した人気曲「Climax Night」では、イントロから大きな歓声が上がる。

ギターソロの前には、歌詞に続いて角舘が「そうでしょ?WWW X?」と観客に呼びかけ、その後シンガロングを要求する場面も。角舘は「深夜だからのどがカラカラなんだよ。でもみんなが歌えるだろうからその点は心配してないんだよね」とニヤリ。

「この曲をやる時は英語で説明してるんでやっていいですか?Next song is…Jazz, Punk, Rock, and Smooth!」などと適当な英語で紹介しつつ、「ケツを振って横のヤツを威嚇してってください」という言葉と共に新曲「World is Mine」を。ジャイブ感溢れるアッパーなロックナンバーで、観客を踊らせていく。

続く「Good Bye」の後、角舘は「わかんないけど、ことしいっぱい会えそうですね」と、夏フェスでの再会を匂わせつつ、「次にダンスバトルの曲やって、最後に新曲やって終わります」と告げて「Fantastic Show」へ。

頭上ではミラーボールが回り、手拍子とシンガロングが自然と湧き起こっていく。どことなくトロピカルなサウンドで観客を踊らせ、「ロックで踊るとはこういうことだ」と言わんばかりのパフォーマンスを見せつけた。

ラストは新曲「How do you feel」。哀愁を漂わせたサウンドが印象的なナンバーだが、終盤はノイジーにギターをかき鳴らしたり、音を重ねてドローンのようなサウンドを構築したりと、スケールの大きなサウンドを展開する場面も。最後は残響を轟かせながらステージを後にした。

DJブースにはLicaxxxが登場。DJを軸に、ビートメーカー、エディター、ライター、ラジオパーソナリティーなど、音楽にまつわる活動を行う新世代のマルチアーティストである彼女。深夜2時を回る時間帯に、可愛らしい見た目とは裏腹の、クールながらもアグレッシブなビートで攻め立てる。

先ほどまでのロックイベントらしい雰囲気から一転、アタックの強いバスドラムのビートが腹に来るゴリゴリのクラブサウンドを展開。ここぞとばかりに、踊り足りない観客たちをアゲていく。

シンプルなビートを基調としながらも、軽いフック一発で見事に観客を沸かせてみせるなど、ハウス的なサウンドと共にさすがのパフォーマンスを展開。セットの後半では歌モノのトラックも挟みながら、一貫してリフを積み重ねながら丁寧に卓を操作していく。

バンドが前後にラインナップされるなど、決してホームとは言えない環境の中、フロアをしっかり沸かせていった彼女。ラストはファンキーなサウンドで大いにフロアを温めた。

深夜3時にさしかかったところで、ライブアクトとしては最後となるWONKが登場。自らを“エクスペリメンタルソウルバンド”と評する彼らは、卓越したライブパフォーマンスで各種メディアでも話題となっている。

「What's up?Everybody!」というKento NAGATSUKA(Vo.)の言葉と共にスタートしたライブは、キーボード、サポートメンバーのサックス、ベース、ドラムがNAGASAKAを取り囲むように並び、ソウルを基調としながらもジャズやヒップホップとの親和性が高い演奏を展開。

NAGATSUKAは「みんなブチ上がって行きましょう!」と観客を煽り立てながら、伸びやかでソウルフルな歌声を聞かせる。一方で、バンドはキメや変拍子など、ジャズ特有のマナーをふんだんに持ち込んだタイトな演奏を見せつけ、フロアを揺らしていく。

曲間のMCでは、NAGATSUKAが「みんな元気ですか?眠そうだな(笑)。大丈夫?これからみんなアゲて行きましょう!」と、若干落ち着いてきた観客のムードを察知して活を入れる場面も。

「オシャレな音楽」というジャズのイメージを十二分に生かしたアーバンなサウンドながらも、メロウで心地良い響きは取っ付きにくさもなく、ロック寄りな観客にもすんなりと受け入れられた様子。中でも要所でうなりを上げるサックスのムーディーな演奏には、観客も大いに酔いしれていた。

時折見せるドラムのつんのめるようなリズムは、Hiatus Kaiyoteら海外のアーティストたちにも通ずるまさに世界基準のグルーヴ。凄まじい手数で魅せていくHikaru ARATA(Dr.)のアドリブには、観客からも歓声が上がった。

一旦NAGATSUKAが退くと、そこからバトルのようなソロパートに発展。Kan INOUE(Ba.)の流麗な早弾き、エフェクトにより常に音をユニゾンで奏でるサックスの情熱的なメロディー、そして淡々と上音を担ってきたAyatake EZAKI(Key.)のアグレッシブな演奏に、それぞれ観客から惜しみない拍手が贈られた。

Hall & Oates「I Can't Go For That」のカバーでは、サックスがフルートにチェンジ。まだまだ夜は深いながらも、先ほどまでのアーバンでアダルトな雰囲気からは若干ムードを変え、夜明けへと向かう観客のムードと絶妙にシンクロしてみせる場面も。

終盤には、彼らが敬愛するJ Dillaの楽曲をメドレーで披露。彼らの楽曲自体もJ Dillaからの影響を多分に感じさせるが、圧巻の演奏で独特のグルーヴを見事に再現してみせた。ラストは「savior」でライブを締めくくった。

イベントのラストを飾ったのはサイトウ“JxJx”ジュン。インストゥルメンタルバンド・YOUR SONG IS GOODのリーダーとして活躍する傍ら、ソロとしてもDJやテレビ番組出演など、多方面で活躍している。

サイトウは'70~'80年代のディスコナンバーで、夜明け前のフロアをガンガン盛り上げていく。BPMの緩急を用いることなく、終始アゲっぱなしの展開に、この時間まで残っていた観客たちも思わず踊り狂う。最後は先日急逝した中西俊夫氏に捧ぐプラスチックスの名曲で締めくくり、東京の夜を最後まで沸かせた。

なお、同イベントの模様は4月22日(土)夜9時より、スペースシャワーTVにて放送される。

最終更新:3/24(金) 21:11
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)