ここから本文です

史上最大のキングコング vs 髑髏島に潜む怪獣たちのガチバトル!

3/24(金) 19:10配信

MEN’S+

史上最大級のキングコングは、果たして人類の敵なのか? それとも人類の味方なのか? 迫力満点の怪獣たちが潜む、髑髏島(どくろとう)に辿り着いた調査隊の運命は!?

映画『キングコング:髑髏島の巨神』

 巨大化したゴリラとして知られるキングコングは、これまで7回に渡り実写化されてきた人気怪獣です。 
 
 日本ではゴジラが長年大人気ですが、海の向こうアメリカでは断然キングコングが人気なわけなのです(バットマンやアイアンマンたちのような絶大な人気はありませんが、老若男女に愛され続けていることは確かです!)。 
 
 本作は、謎の島である髑髏島が実在するのかどうかについて調べるために、学者、戦争カメラマン、軍人からなる調査隊がヘリコプターで向かいます。辿り着くまでに自然災害のトラブルに遭遇する彼らでしたが、髑髏島ではさらなる試練が待っていたのでした。突然現れたキングコングの姿に、衝撃が走る調査隊。学者・ジェームズ(トム・ヒドルストン)とカメラマン・メイソン(ブリー・ラーソン)は、今までに見たことのない巨大スケールの生物に息を飲みながら軍隊の攻撃を見つめます。しかしながら、パッカード大佐(サミュエル・L・ジャクソン)率いる軍隊の攻撃にキングコングはビクともしなかったのです。

 これまでに見たキングコングのなかでも、史上最大と言われている本作のキングコング。戦闘中は男らしいパワフルなアクションを見せるのですが、本編では人と心を通じ合うどこか人間らしい一面もあります。 
 
 キングコングだけでも凄まじいのですが、本編にはもう5体、謎の巨大生物が現れます。これはもしかして、怪獣バトルロワイヤルになるのでは? と妄想を膨らせまるかもしれません。予告編では、髑髏島に潜む怪獣たちをチラッと観ることができるので、上映開始まで待てない人はぜひ予告編をご覧ください。

 怪獣たちの個性も見どころではあるのですが、本作に出演するキャスト陣も素晴らしい俳優たちばかりで、主演にはイギリスが誇る紳士的な俳優のトム・ヒドルストン。男だらけの調査隊で華をもたらしてくれるのは、昨年オスカー主演女優賞に輝いたブリー・ラーソン。そして、良くも悪くも軍人らしさを好演しているのが、みなさんお馴染みのサミュエル・L・ジャクソンです。

1/2ページ

最終更新:3/24(金) 19:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!