ここから本文です

UAE戦完封劇にGK川島がドヤ顔で手応え 10カ月ぶりサプライズ先発に「集中力が必要だった」

3/24(金) 5:40配信

Football ZONE web

前半20分に1対1のピンチでスーパーセーブ 相手キーマンのイエローカード誘発

 日本代表GK川島永嗣(メス)は現地時間23日のロシア・ワールドカップアジア最終予選の敵地UAE戦で、2016年6月3日のキリンカップ・ブルガリア戦以来、約10カ月ぶりのサプライズ先発を果たしたが、前半バヒド・ハリルホジッチ監督の抜擢に応えるスーパーセーブでチームの危機を救った。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

「チームでも長い間プレーしていなかったので集中力が必要だった。冷静にコースに入れたと思うので、それがポイントになったと思う。本当に試合にチームでなかなか出れないなかでも応援してもらえるサポーターの声が力になっている。この結果を分かち合えて嬉しく思う」

 守護神は試合後に得意のドヤ顔で完封劇に手応えを示した。今季、仏1部メスは公式サイトで川島を第三GKとして獲得すると発表。異例の移籍を果たしたなか、出番は1月8日のカップ戦が唯一だった。だが、ハリルジャパンの正守護神だった浦和レッズGK西川周作がクラブで凡ミスを連発する現状で、ハリル監督はワールドカップも経験する川島の経験値に賭けた。

 前半20分に最大の見せ場を作った。DF森重真人からボールを奪ったMFアルハンマディのスルーパスにFWマフブードが抜け出す。川島は1対1のピンチを迎えたが、両足を広げ、股間を狙ったシュートを左足でブロックして完璧に阻んだ。同33分にはエリア内で相手の司令塔アブドゥルラフマンと接触。体を投げ出してブロックし、UAEのキーマンのイエローカードを誘発した。

今野の躍動に刺激「負けていられない」

 「今日の勝ち点3は大きいと思うが、突破が決まったわけではないので気を引き締めたい」と語った守護神は、約2年ぶりの代表招集で追加点を決めたガンバ大阪MF今野泰幸の躍動にも刺激を受けたという。

「僕たちもまだまだ負けていられない。こういう切磋琢磨がチームを強くすると思う」と復権の守護神は闘志をたぎらせていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/24(金) 5:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新