ここから本文です

ミランでベンチ要員の本田、伊メディアが余波指摘 「日本代表に悪影響をもたらしている」

3/24(金) 9:30配信

Football ZONE web

伊メディア、「今季ミランで脇役」に陥っている本田の代表戦動向を伝える

 日本代表FW本田圭佑(ACミラン)は、現地時間23日のロシア・ワールドカップアジア最終予選の敵地UAE戦で、最終予選2試合連続の先発落ちとなる屈辱を味わった。2-0とリードした後半33分から途中出場を果たしたが、イタリア地元メディアはミランでのベンチ要員の日々が「日本代表に悪影響をもたらしている」と厳しく指摘をしている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 本田は、このUAE戦で代表初ゴールを含む1得点1アシストと大活躍だったFW久保裕也(ヘント)の控えとして戦況を見守っていた。久保が足をつった後半33分に右サイドで途中出場すると、ボールカットからカウンターの起点となるなど短い時間でチャンスに絡んだ。

 もっとも、後半アディショナルタイムに直接FKのチャンスを得た際には、目の前の数少ない壁に思い切りシュートをぶつけてしまう精度の低さを露呈。結局、大きなインパクトを残せないまま不発に終わった。

 イタリアのミラン専門のニュースサイト「ミランニュース.it」では「UAE-日本、本田はベンチスタート」とミランで10番を背負う男の動向を伝え、「今季ミランで脇役となっている。それは日本代表のユニフォームにおいても悪影響をもたらしている」と、ミランで苦しむ日々の余波があると分析している。

久保活躍で本田の立場は一層危ういものに

 本田は今季のミランでパンキナーロ(ベンチ要員)と呼ばれる苦境に直面している。昨季からリーグ戦通算1得点3アシストの不発ぶりで、今季先発出場は1試合のみ。96分しかプレーしておらず、2017年のリーグ戦での出場はゼロという状況だ。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は「この代表は彼の存在を必要としている。彼が試合に出るのか、何分出るのかは別問題だ。彼の存在が重要だ」と本田の招集に踏み切ったが、結局起用したのは後半33分から。与えた役割は、試合を終わらせるクローザーとしてのものだった。

 本田の代わりに先発した久保が1ゴール1アシストの活躍し、その立場は一層危うくなっている。ミランで栄光の背番号10を背負う男が自国の代表でベンチという有様で、イタリアメディアも厳しい視線を注いでいる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/24(金) 10:07
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新