ここから本文です

原口、攻撃の課題口にするも守備に手応え「ほとんどオマルを消せたと思う」

3/24(金) 8:13配信

フットボールチャンネル

【日本 2-0 UAE  2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は現地時間23日、ロシアW杯アジア最終予選でUAEと対戦し、2-0で勝利した。

日本B組2位死守 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 連続ゴールは止まったが、原口元気の果たした役割は大きかった。日本の左サイドにはUAEのエースであるオマルがいた。相手のキーマンへのケア、アウェイ戦ということもあり、原口は守備をより意識していた。

「左にはオマルがいるので、守備的というのはミーティングでも言われていた。(長友)佑都くんと、今野(泰幸)さんと3人でどれだけオマルを受け渡したりとか、サイドバックが上がってきた時にどうするかとか、そういうことを何度も話し合っていたので、ほとんどオマルを消せたと思う」

 後半の追加点は、原口が相手を引き付けたことで今野がフリーになれた。「元気がニアに引っ張ってくれた」と今野も話している。だが、攻撃に関しては満足していない。「もっとやらないといけない。僕自身、 前半はすごくミスが多かったので、 あそこで僕がもっと前半からクオリティの高いプレーをしていれば 、左からも攻撃できていたと思います。 後半にチャンスがありましたけど、 ああいうところで一発で仕留めないといけない」と振り返った。

 それでも「今日は勝ち点3を取ることが自分の中で一番のポイントだった」と話しており、その目標は果たした。次戦以降、再びこのアタッカーが爆発するか注目だ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)