ここから本文です

吉田、タイ戦へ「自分たちのパスミスからピンチを招くシーンも修正」

3/24(金) 9:00配信

フットボールチャンネル

【日本 2-0 UAE 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は現地時間23日、ロシアW杯アジア最終予選でUAEと対戦し、2-0で勝利した。

 試合前日にキャプテンに指名されたという吉田麻也。長谷部誠を欠く中、背番号22が随所にリーダーシップを示した。「CBのポジションなので、 リードしていかないといけないポジション」と、周囲を鼓舞する姿はいつもと変わらなかった。だが「僕自身もキャップ数が増えてきて、 年齢的にもそういう立場になってきているのは自覚している」と、主将を務めることの重要性は理解している。

「歴代の先輩方、ハセさんだけじゃなくて、 先輩方に恥じないように責任と誇りを持ってやらないといけないなって思っていましたし。ただ、巻くというのは、そんなに多くの選手ができることではないので、僕にとっても、僕の家族にとっても友人だったり、関わる人すべてにとって誇りになる一日だったと思う」

 アウェイで貴重な勝ち点3を得たが、手放しで喜ぶ様子はない。

「前半、川島選手が止めてくれたシーンと、 後半の立ち上がりに立て続けにピンチを招いたシーンは今日の守備の課題。前半の自分たちのパスミスからピンチを招くシーンも修正していかないといけない」

日本B組2位死守 W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 万が一タイ戦を落とすようなことがあれば、今回の勝利も無駄になってしまう。「気を引き締めて、良いリカバリー、良い準備をしていきたい」とキャプテンは次戦を見据えていた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)