ここから本文です

韓国代表、敵地で中国に完敗…シュティーリケ監督に非難殺到「この2年半は何だったのか?」

3/24(金) 12:51配信

フットボールチャンネル

 韓国代表は23日、ロシアワールドカップ・アジア最終予選で中国代表と対戦し、アウェイで0-1の敗戦を喫した。

韓国黒星でグループAも混戦に… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 いまだグループAでは本大会出場2位の位置につけている韓国だが、早くも今予選2敗目を喫したことで代表チームを率いるウリ・シュティーリケ監督に対する風当たりが強まっている。

 国内のネットメディア『MBCプラス』は「韓国サッカーの沈没。シュティーリケの凋落」と題し、ドイツ人指揮官を厳しく批判した。

「シュティーリケ監督が2014年9月に指揮を執ってから2年半をともにしているが、韓国サッカーに何が残ったのだろうか? 最近流行している音楽の歌詞のように、韓国サッカーはどうすることもできない。手遅れになる前に、彼は決断を下すべきだ。残り4試合で解決策を探すという彼の言葉は、信用することはができない」

 また、『朝鮮日報』も「予想された敗北。選手選考からすでに間違えていた」「ロシア行きは約束できない」と辛らつな見出しで報じた。

 シュティーリケ監督への批判が強まったのはこれが初めてではなく、最終予選の第2戦で格下のシリア代表とスコアレスドローに終えたことで、国内メディアがシュティーリケ監督の解任を報じた。その後、韓国サッカー協会が公式声明で解任を否定していたが、依然として指揮官への風当たりは強い。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)