ここから本文です

「ヘントだけでなく、日本代表でも輝く」 ベルギー紙がUAE戦1得点1アシストの久保を絶賛

3/24(金) 20:08配信

Football ZONE web

今冬に加入したヘントで7戦5得点と絶好調 代表3戦目で結果を残す

 KAAヘントの日本代表FW久保裕也は、現地時間23日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の敵地UAE戦で、値千金の先制ゴールと2点目をアシストし、2-0の勝利に貢献した。今季ベルギー移籍後にリーグ戦7戦5発の決定力を見せつけているストライカーは、ベルギーメディアでも「ヘントだけでなく、日本代表でも輝く」と報じられた。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

 久保は0-0で迎えた前半13分、DF酒井宏樹(マルセイユ)からのスルーパスに抜け出すと、角度のないところから右足のシュートでGKのニアサイドを打ち抜いた。代表3試合目の出場で初ゴールをゲットし、さらに後半には右サイドからのクロスでMF今野泰幸のゴールを導き、1得点1アシストと存在感を見せた。

 今冬にヘントに加入し、リーグ戦7試合で5得点を決めている久保は、すでにチームの中心選手の一人となっている。ベルギーメディアの間ではすでに「スシ・ボンバー」の愛称で親しまれており、さらにベルギー紙「ヘット・ニウスブラット」は、「クボはKAAヘントだけでなく、日本代表でも輝き、得点を決めた」とレポートしている。

代表レギュラー定着へ、アピールに成功

「クボはヘントで輝き続けただけでなく、ハイン・ファンハーズブルック(ヘント監督)がいなくてもゴールを決めた。このストライカーはUAE相手のW杯予選で、日本の先制点を決めた」

 久保の活躍もあって勝利した日本は、同予選グループBで首位サウジアラビアと同勝点(13)で2位の座をキープ。同日のイラク戦に1-1と引き分けた3位オーストラリアとの差は3に広がった。これまでFW本田圭佑(ACミラン)の定位置だった右サイドで結果を残した23歳は、代表のレギュラー定着へアピールに成功した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:3/24(金) 20:08
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新