ここから本文です

ペルーで押収された1t以上の大量コカイン、なぜか“メッシ印“のパッケージ入り

3/24(金) 15:00配信

フットボールチャンネル

 ペルーから欧州へ密輸されようとしていた大量のコカインが警察当局に押収されたが、そのコカインはなぜか「メッシ印」のパッケージに詰め込まれていた。22日付のペルー紙『エル・コメルシオ』などが伝えている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 ペルーの反薬物警察は現地時間17日朝に、ベルギーへ向かう船に積み込まれていた大量のコカインを押収した。末端価格で8500万ユーロ(約102億円)に達するという約1417kgのコカインは、イカの切り身に偽装した1288個のパッケージに封入されていたとのことだ。

 小分けされたパッケージのひとつひとつにはラベルが貼り付けられているが、不可解なのはそのデザイン。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの写真と、メッシのパーソナルブランドのロゴマークが印刷されたものが用いられている。別の種類のパッケージにはスペイン王室の紋章が用いられているものもある。

 報道によれば、薬物にパッケージングを施す意図は、それが盗難品などではない正規(?)の品であることを示すためだという。だが、なぜメッシの写真とロゴが用いられているのかは定かではない。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)