ここから本文です

川崎Fに負傷者が続出…DF井川祐輔は”右膝内側々副靭帯損傷”により長期離脱

3/24(金) 23:00配信

フットボールチャンネル

 J1リーグの川崎フロンターレが24日、AFCチャンピオンズリーグの広州恒大戦で負傷した34歳のDF井川祐輔が”右膝内側々副靭帯損傷”のため手術を行なったと発表した。復帰まで4ヶ月程度を要する見込みとなっている。

2017年J1在籍選手、通算得点トップ10。1位と2位は同一クラブのFWがランクイン

 井川はガンバ大阪やサンフレッチェ広島、名古屋グランパスでプレーした後、2006年から川崎に所属し今季で12シーズン目を迎えていた。AFCチャンピオンズリーグのイースタンSC戦でフル出場を果たし、広州恒大でも先発出場を果たしていたが試合中に負傷している。

 今季の川崎は負傷者が続出中だ。家長昭博は負傷により復帰まで1ヶ月程度かかるとされ、田中碧は左ひざ外側々副じん帯損傷で全治4ヶ月、舞行龍ジェームズも負傷により長期離脱を余儀なくされている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)