ここから本文です

伸び悩むアップルの「iMessageアプリ」 新規リリース本数が急減速

3/24(金) 10:00配信

Forbes JAPAN

昨年9月にアップルが「iMessage App Store」をオープンして以来、友達にステッカーを送信したり、友達とゲームを遊ぶといった、iMessage上で楽しめる機能が飛躍的に増えた。しかし、最近になってiMessage App Storeで新規公開されるアプリの数が伸び悩んでいる。



アプリ分析会社のSensor Towerによると、iMessage対応アプリの増加率は、昨年9月から10月にかけてが116%、12月も65%と高かったが、今年1月から2月にかけてはわずか9%にとどまったという。iMessage App Storeがリリースされた当初、デベロッパーやアナリストらは数十億ドル規模のプラットフォームになると大きな期待を寄せていた。

アップルが目標にしていたのは、モバイル決済やゲーム、広告などで大きな収益を上げている中国のメッセージングプラットフォームのWeChatだ。中国のスマホユーザーは、用途別にアプリをダウンロードすることなく、WeChat上でタクシーの配車やモバイル決済など、あらゆるサービスを利用することができる。

アップルは、iMessageをWeChatのようなプラットフォームに育てるシナリオを描いていたと思われるが、現段階では狙い通りには進んでいない。

一方で、アップルにとっては将来に期待が持てるデータもある。Sensor Towerによると、iMessage対応アプリの数は現在5000個で、App Storeがリリースされた2008年のiOSアプリの数と同じだという。今後、iMessage App Storeが再び盛り上がりを見せるかもしれないが、WeChatのようなプラットフォームになるまでにはまだ当分時間を要するだろう。

Parmy Olson

最終更新:3/24(金) 10:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年9月号

株式会社アトミックスメディア

2017年9月号
7月25日(火)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。メルマガ配信、限定のプレゼントやイベントへのご招待も!