ここから本文です

「カンチョー」で6カ月の出場停止

3/24(金) 6:30配信

SOCCER DIGEST Web

試合中に相手の尻に指を突っ込む!

 オーストラリアのヴィクトリア州プレミアリーグ(2部)で耳を疑うような出来事が起きた。
 
 問題となったのは、3月12日のサウス・メルボルン対セント・アルバン・セインツの試合中に撮影された一枚の写真だ。そこには、ホームチームのDFクリスティアン・コンスタンティニディスが、相手MFジョセフ・モネクの尻に右手の中指を突っ込んでいる場面が収められていたのだ。
 
 この写真がネット上に出回り、コンスタンティニディスは3月22日にヴィクトリア州サッカー協会の審問を受けた。結果は6か月の出場停止という厳罰で、モネクに対して謝罪の手紙を書くことも命じられている。
 
 思い起こされるのは、チリ代表のゴンサロ・ハラのケースだ。このDFも15年のコパ・アメリカでウルグアイ代表のエディンソン・カバーニにコンスタンティニディスと同様の愚行を働いたが、処分は3試合の出場停止という軽いものだった。
 
 オーストラリアでは、ラグビーのジョン・ホポアテという選手が対戦相手の尻に指を突っ込んだ行為が大きな問題になった過去があり、その前例が今回の厳しい処分に影響したと思われる。
 
 どのような動機があったのかは定かではないが、コンスタンティニディスの行いが著しく品性を欠いていたのは事実だろう。猛省を促したい。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

最終更新:3/24(金) 6:30
SOCCER DIGEST Web