ここから本文です

【日本代表】タフという言葉だけでは片づけられない“原口の凄さ”

3/24(金) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

攻撃面で決定的な仕事をしたわけではないが…。

[W杯アジア最終予選]UAE 0-2 日本/3月23日/UAE・アルアイン
 
 相変わらず、よく走る。いくら倒されても立ち上がり、何事もなかったかのようにボールを追いかける。アウェーのUAE戦でも、原口元気は持ち前の運動量を生かして最後までピッチを駆け回っていた。
 
 ワールドカップ予選で5試合連続ゴールはならなかったが、その献身的な働きは光った。原口の素晴らしいところは、ただ闇雲に走っているわけではない点だ。今回の最終予選で彼の凄さを目の当たりにした小林祐希は今年1月に次のようなことを言っている。
 
「元気くんはただ走っているわけじゃない。ちゃんとしたポジショニングに戻って、そこから寄せて、また出て行く。しかも点も取っている。あれがスタンダードにならないと、(日本が)ワールドカップで勝つのは厳しい」
 
 UAE戦でも、地味ながら原口の寄せとチェイシングに助けられた場面は少なくない。敵を追いかけ、そこからグッと身体を寄せてボールを奪い切る。それを試合中に何度も繰り返すのだから、素晴らしいとしか言いようがない。
 
 確かにチャンスで決め切れず、イージーなボールロストもあった。久保裕也のように攻撃面で決定的な仕事をしたわけではなく、昨季のサウジアラビア戦などに比べれば平凡な出来だったと、そういう見方もあるだろう。
 
 それでも、UAEの攻撃を防ぐうえで原口が果たした役割は決して見逃せなかい。まさに「ちゃんとしたポジションに戻って、そこから寄せて、また出て行く」を実践した彼の働きがあったからこそ、その後方に構えた左SBの長友も安定したパフォーマンスを披露できたのだ。
 
 原口の計算された位置取りとチェイシングは、UAEを無失点に抑えるうえで不可欠なファクターだった。

【W杯予選 UAE0-2日本 Photo 】久保が先制ゴール!後半には今野が追加点!

最終更新:3/24(金) 6:00
SOCCER DIGEST Web