ここから本文です

【日本代表】セリエA仕込みの「口での駆け引き」も駆使した長友。“エース封じ”を見事完遂

3/24(金) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

「彼はすごく嫌がっていた」

[ワールドカップアジア最終予選]UAE 0-2 日本/3月23日/UAE・アルアイン

 今予選で第2戦のタイ戦以来となる完封勝利に大きく貢献したのが、左SBでフル出場した長友佑都だ。インテルでは出場機会に恵まれず、試合勘の欠如を危惧する声もあったが、その不安をかき消すかのように安定したパフォーマンスを見せた。
 
 今回のUAE戦で長友に課せられたミッションは、相手のエースである“オマル・アブドゥルラフマン封じ”だった。
 
「それは練習でもミーティングでも監督から口酸っぱく言われていたこと。攻撃参加の回数は減らして、彼にプレーさせないことを心掛けました」
 
 長友は立ち上がりから対面するO・アブドゥルラフマンを密着マーク。激しい当たりと素早い寄せで、自由を与えなかった。それを嫌がってか、O・アブドゥルラフマンが左サイドに流れるシーンもあった。
 
「彼のストロングポイントは(右サイドから)中に入ってからのスルーパス。だから、左に流れるのは問題ないなと思っていました。実際、それほど怖いなと感じるシーンは作られなかったと思います。
 
 セリエAではよくありますが、口でもいろいろ駆け引きしました(笑)。彼はすごく嫌がっていましたね。といっても、汚い言葉をかけたわけではないですけど」
 
 今予選は怪我で出遅れ、このUAE戦が二度目の先発。左SBの定位置を奪い返したハードワーカーは、この一戦でチームとしても大きな手応えを感じたという。
 
「すごく良くなってきていると思います。アウェーでのオーストラリア戦(16年10月11日)とホームのサウジアラビア戦(11月15日)あたりから、チームがひとつにまとまってきた。特に守備の面で、勝つためにやらなきゃいけないことがわかってきたという感じがします」
 
 結束力の高まったチームを後方で支える長友は、まさに「縁の下の力持ち」と言える存在だ。これからクライマックスを迎える今予選において、欠かせない戦力となりそうだ。

最終更新:3/24(金) 11:30
SOCCER DIGEST Web