ここから本文です

ジェイがJリーグ復帰濃厚! 英紙が「夏に極東行き」と伝え、複数クラブからのオファーを明かす

3/24(金) 15:36配信

SOCCER DIGEST Web

移籍市場が開く7月の復帰が濃厚に。

 フットボールの母国イングランドから大砲がJリーグに復帰する可能性が高まっている。
 
 2015年に元プレミアリーガーにして、イングランド代表FWという評判を引っさげてジュビロ磐田に加入したジェイ・ボスロイドは、在籍2年間で54試合に出場して35ゴールと結果を残した。
 
 しかし、昨シーズン終了直後に名古屋グランパスからストライカーの川又堅碁を獲得したクラブと、チーム方針を巡り対立。「温かく支えてくれたジュビロ・サポーターの皆様には本当に感謝しています。今度はピッチ上で対戦できるのを楽しみにしています」という別れの言葉を残して、磐田を退団していた。
 
 その後は無所属のジェイについて、現地時間3月23日の英紙『ミラー』が「今夏に極東に行くことですでに合意した」と報じたのだ。
 
 同紙は具体的なクラブ名は明らかにしなかったものの、Jリーグの第2登録期間(夏の移籍市場)となる7月21日以降の日本復帰にジェイが迫っているとした。さらに同紙はジェイがこの春に新たなJクラブへ移籍しなかった理由として、「アジアに早期復帰していなかったのは、彼が個人的な問題を抱えていたからだ」と綴り、「すでに複数のクラブからオファーがきている」とも伝えた。
 
 すでに34歳ながら、その圧倒的なパワーと高い技術がJリーグで通用することは証明済みのジェイ。磐田退団後も日本語でツイッターを更新するなど親日ぶりを披露しており、復帰するとなれば、大きなトピックとなりそうだ。

最終更新:3/24(金) 16:35
SOCCER DIGEST Web