ここから本文です

本家はコッチ!? 仏版『美女と野獣』ベル役、レア・セドゥの魅力に迫る

3/25(土) 11:10配信

MEN’S+

 フランス人女優のレア・セドゥをご存知でしょうか? なんて、愚問でしたね。
 
 しかし名前に覚えのない方は、彼女の写真を見ていただければ記憶が蘇るかもしれません。2015年に公開された映画『007 スペクター』でボンドガールを演じた彼女の色気溢れるルックスと雰囲気に虜になってしまった人も多いはず。
 
 そして、エマ・ワトソン主演で2017年現在話題の映画『美女と野獣』ですが…、3年前の2014年に公開された仏版『美女と野獣』のベル役を射止めたことで日本でも大きな話題となりました。
 
そんな麗しきレア・セドゥのオフスタイルも含め初々しいルックスをぜひご堪能ください!

【仏版映画『美女と野獣』を動画でチェック】今週末、ビデオショップで借りてみてはいかが?

 あらゆるヒット映画に出演し、人気スターの仲間入りを果たしたフランス人女優のレア・セドゥ。彼女の初期の役柄(『イングロリアス・バスターズ』のオープニングシーン、『ミッドナイト・イン・パリ』でのオーウェン・ウィルソンの恋人役)では、マイナー映画ですがスクリーンを晴れやかなものに…。そんな華のある女優の素質を初期から発揮していた魅力的な女優です。 
 
 どういうわけか彼女を見落としてしまっていたヒトは…、A)あなたは正気の沙汰ではありません、B)彼女の優れた古い映画二本を再鑑賞するよい口実になります。彼女のオフスタイルの写真を堪能する前に、他にも彼女の出演映画『アデル、ブルーは熱い色』と『グランド・ブダペスト・ホテル』もチェックすべきです。初期の彼女と比べて、その後の成功ぶりが分かりますので…(笑)。 
 
 「007」シリーズ作である映画『007 スペクター』で、ダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドに近づく魔性の女を演じていた彼女。もうすでに、皆さんのお馴染みの女優となっているかと思います…。 
 
 そんな彼女はいままでの役柄の名演によって、アートシアター映画とフランス映画からブレイクし、大人気の女優へと躍進を遂げました。しかし、こんなにも成功する一流女優になるとは、彼女は夢にも思わなかったとのこと。 
 
 「あぁ仕事は回ってこないかも…。ほかの女の子は皆(『007』に出演する役を)望むだろうし、と思っていたわ」と、『ローリング・ストーン』誌で語っています。

1/2ページ

最終更新:3/25(土) 11:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!